うつ病と闘う公務員のブログ

平成26年11月にうつ病と診断され、平成27年4月から1年2か月間、休職。うつ病と闘いながらも再起を目指す公務員のブログ

8月復帰だぁい!!

2017-06-30 17:49:04 | Weblog
今日も無事に出勤できました。

公休日を除けば全て出勤できました。午前中のみの勤務ということもありますが、とりあえずはプログラム通り出勤できたこと、本当に嬉しく思っています。

また、職場でも参事が私に責任のある仕事を任してくださり、落ち着いた環境でやりがいを感じることが出来ています。参事はいつも私が来てくれて助かるんや、と言ってくださります。半日勤務の2年以上ブランクのある者をそう言ってくださるのは何よりも嬉しいことです。

今日の帰りしな、来週も来てくれなワシ困るんや、とまで参事は仰ってくださいました。本当に嬉しい限りです。



さてさて、今日は人事課との面談がありました。

臨床心理士さん(CPさん)と人事課が私について話し合ったらしく、CPさんとしては私の8月復帰はまだ時期尚早なのではないかと強く人事課に申し入れをしているようでした。ある程度テレビの内容が頭に入ってきたり、本を読んだりできるようになるまではリハビリ出勤という形を継続させるべきだと強く人事課に言っていたそうです。

人事課の方は私に、専門家の意見を無視することはできない。このまま私に無理をさせることは避けて、8月復帰を延期しようかと人事課長とも話しをしてきたと言うではありませんか。

私はちょっと待ってください、一定のゴールが見えないとリハビリ出勤がまたダラダラと続いてしまいます。それはもう嫌なのです。体調も整ってきて、仕事に行く意欲も十分に出てきているので何とか8月復帰をさせてください、と申し入れました。

人事課の方は頭を抱えて、どうしたものかと思案されていました。

私は何度も8月復帰でお願いしますと申し入れました。

結局、毎週私のことを診察してくれている主治医の意見を聞いてみようということになり、7月の2週目に私の診察に同行させてもらいたいとのことでした。

そこまでしてもらう必要はなく、8月復帰で大丈夫と言っても、主治医の意見を聞くというところでは人事課の方も譲りませんでした。

8月復帰のためにも、きちんと体調を整えて、しっかりと復職できるように持っていきたいと思います。

本当ならば公務員は今日がボーナス支給日です。ボーナスを入れてあげられなかった妻に本当に申し訳なく思うのと、本当ならば7月復帰のはず、つまり明日から復帰のはずだったのが1カ月延びてしまったことも申し訳なく思っています。

8月復帰、8月復帰、えぇ~い、8月復帰だい!!
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事に出勤できました | トップ | 保育園のお祭り »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (さくらんぼ)
2017-06-30 19:18:28
THさん こんばんは。

参事さん、本当に嬉しく有難い存在ですよね。
私からも お礼を申し上げたいです。(*^_^*)

復帰の時期。
THさんは 8月!の強いお気持ちですよね。
どうぞ専門家の方々や周りの方々の意見をお聞きになりながら、で決めて下さいね。
みなさん THさんのことを思い、意見なさっているんですものね。
応援していますね。(*^_^*)
皆さんがT.Hさんのことを思って。 (LISA)
2017-06-30 20:05:49
人事課の参事、臨床心理士さん、精神科医、
奥様、お子さん初めとする家族の方々、そしてここでブログを読んでコメントくださる方々はT.Hさんがほんとうに良い状態でやって欲しいというのを望まれてそれぞれ様子をみたり意見しているんですものね。

T.Hさんの意志を尊重することも大切だし、
見ていてくれたり聞いてくれたりする周りの思うことも大切。

次のお医者様の意見も踏まえて
良い方向にいけることを願っています。
どんな方向でもきっと大丈夫だと思います。
生きてさえいれば。
お疲れ様です (深山静)
2017-06-30 20:40:48
人事課やCPさんが親身になってくれているようで何よりです。
参事のお言葉もありがたいですね!
これからは暑さ、湿気と、比較的どの人も知らず知らず体力を奪われる季節になりますからね。
下の記事でよしさんが仰られているように、こまめに体を休めるように意識してください!
わたしは昼休憩5分だけでも目を瞑ってなにもしない(スマホも触らない)時間を作っています。
仕事中も意識して休憩(何もしない)を入れてます。
わたしは書類や勤務実態では復職したことになっていますが、自分の気持ちでは今年一年が本当のリハビリ出勤だと思っています。
年休ギリギリなのも勿論ですが、復職して一年はリハビリ出勤、次の一年が減薬リハビリと考えています。
自分を受け入れてくれた人たち、待っててくれた人たち、家族のためにも慎重に、過信することなく進めていかなければと思っています。

ブログでみんながTHさん支えてますから、焦らずゆっくりゆっくり長い人生歩いていきましょう!
最後はみんな笑って大団円。
オフ会もしましょう!
私が暗闇から抜け出したきっかけ (よし)
2017-07-01 16:09:53
昨日も無事出勤できたこと、そして人事課が決めたプログラム通り出勤できていること、うれしく思います。

私が、暗闇から抜け出したきっかけは、休んでいたデイケアにもう一度行け出したことから、回復しはじめました。寝込んで1ヶ月半ほど休んでいましたが、ふと今日は行ける!と思って顔出した時に、少なからず待ってくれている人がいました。もう一度この場に帰ってきて、きちんと卒業してから復職しようと思いました。その後は、デイケアでプログラムをこなしつつ、休憩時間にトランプを楽しめるようになったことと、夜テレビを見ていて楽しいと思ったことなどが自信になりました。そのうちに夜は、睡眠薬なしで眠れるようになり、この調子だと、復職にこぎつけるかもと思いました。どん底の状態から、調子の加減が上向きに向いた時に、階段を1歩ずつ上がれば、先に希望が見え、なんとかなるのではと思えるようになりました。

私は、休職にいたってからは、どん底から少し回復しては、また落ちてを3回繰り返しました。その度に、何やっているんだろうと絶望感に落ち入り、余計鬱状態がひどくなりました。5ヶ月休んでも、薬が増えただけで、休み始めた時よりひどい状態でした。薬を自分で減薬してみたり、復職をあせって無理したことが原因です。両手の指が、自分の意思とは関係なく、小刻みにずっと震えていました。寛解した今でも、右手の人差し指は、軽い震えが残っています。

私は、鬱が改善していくには、信頼おける主治医の薬の服薬に従いながら、4つの視点が大切だと思っています。

①必要とされる自分を感じられること(家で、職場で)
②日々の生活の中で、楽しみや笑いがあること
③将来に対しての希望があること
④支えてくれる人に感謝すること

①について、私は、少し回復しはじめた時に、休職の診断書を勤務時間中に持っていきました。5ヶ月間休んでいたのに、職場の人はあたたかったです。ここにもどってきて、みんなと仕事したい自分を確認できました。休んでいたデイケアで待ってくれている人がいました。

②については、テレビを見て面白いと思える、本を集中して読むことができる、友達にあって話しすることが楽しいと思える、映画も見て楽しいと思える、そういうことができるようになり自信になりました。

③については、鬱になり、仕事の信頼、家族、自分に対する自信、全部なくしていました。我が子が3人いましたが、自宅では気が休まる暇がなく、当時別居していました。でも、階段を、1段ずつ登って、回復を実感してくる中で、1つ1つ、焦らず取り戻していげばいいと思えるようになりました。

④は、自分を支えてくれる人に、日々感謝することです。実家で、受け入れてくれた両親、私が家にいない間、フルタイムで仕事しながら3人の子育て頑張っている妻、いつも気遣ったメールや連絡くれる元上司、シュッレッダーだけでも良いから戻ってこれるなら戻ってこいと言ってくれた課長、私が休んだことでその穴埋めをしてくれいる同僚たち、以前現場で関わった保護者からいただいた温かい手紙など・・眠る前にそんな人の顔うかべて感謝して眠るようにしたら、不思議と眠りも落ち着いてきました。主治医など、病気のこと気遣って聞いてくる人には、必ず「おかげさまで」という言葉を使うようにしました。「おかげさまで」という言葉には、自分の影で動いてくれる人に対しての感謝の気持ちが入った言葉です。感謝の気持ちをもって日々過ごすことができれば、回り回って自分に戻ってきます。病気の回復を早めます。

以上、長々と私なりの私見をかかせていただきました。すべてがT.Hさんに当てはまるわけではないと思いますが、参考にしていただければ幸いです。

8月復帰を目指す目標は持ちつつも、その時期にこだわると、焦りから私みたいに調子をどーんと崩すことになっては、もともこもありません。人事課の進める予定にそってリバビリ出勤が無理なく1ヶ月できれば大丈夫だと思いますが、途中で少しでも体調崩すようなことあれば、主治医や臨床心理士さん、人事課の言うことに従われるのが賢明ではないかと思われます。

1つだけ私から質問させていただきます。
8月復職について、希望と不安がいりまじっていると思いますが、現時点でT.Hさん自身が思われる割合を教えていただけませんか。
さくらんぼさん (T.H)
2017-07-01 17:01:45
さくらんぼさん、こんにちは。

いつも訪問&コメントありがとうございます。

いつも応援していただいて本当にありがとうございます。

とっても心強いです。
LISAさん (T.H)
2017-07-01 17:06:02
LISAさん、こんにちは。

いつも訪問&コメントありがとうございます。

良い方向に行くことを願っていただいて本当にありがとうございます。とっても心強いです。

そうですね、これ以上悪い方向にいかず、良い方向に向かえるように自分自身を律して頑張って行こうと思います。

いつも応援していただいてありがとうございます。
静さん (T.H)
2017-07-01 17:09:46
わぁ~い、静さんだ!!お久しぶりです!!

訪問&コメントありがとうございます。

既にリハビリ出勤を終え、バリバリ働いておられる静さんでもまだ自分を復職して1年目はリハビリ出勤と考えておられるのですね。

私の場合も8月復帰がゴールと考えず、まだまだリハビリ出勤のつもりでやっていきたいと思っています。

私も2年くらいかけて身体を本調子に戻して行こうと思っています。

コメントありがとうございます。
よしさん (T.H)
2017-07-01 17:19:34
よしさん、こんにちは。

丁寧なコメントをいただきまして本当にありがとうございます。よしさんが暗闇から抜け出せた理由がとってもよく分かりました。本当にありがとうございます。

今の私は仰るように希望と不安とが入り混じっていますが、復帰に向けては8月復帰で100%の希望しかありません。

というのもリハビリ出勤をして、おおまかな職場での仕事の内容を理解し、人間関係も築けて、復帰を待ってくれている人がいる。

病気の再発や、薬が減らないことへの戸惑いもないことはないですが、そんな不安を乗り越えるだけの希望に満ち満ちています。

私と同じように落ちては戻り落ちては戻りを繰り返されたよしさんからのお言葉はとっても説得力があります。

とっても勉強になるコメントをいただけて本当に嬉しいです。

精一杯頑張ろうと改めて思えるようになりました。ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL