うつ病と闘う公務員のブログ

平成26年11月にうつ病と診断され、平成27年4月から1年2か月間、休職。うつ病と闘いながらも再起を目指す公務員のブログ

昨日の公文式でびっくり仰天

2017-05-16 12:30:16 | Weblog
前々から公文式の先生に「体験で同じ年中の子が入ってくるから仲良くしてあげてね」と言われていました。

また、同じ地域に住んでいるから小学校も中学校も一緒になるし仲良くしてあげてね、とも。

さてさて、昨日私が子どもの公文式に連れて行くと、なんとその子がいるではありませんか。

そしてその子は国語と算数の体験をしていたようで、国語では『このどうぶつはらくだです』『ここにラッパがあります』などという文を大きな声で読んでいるではありませんか。

私はビックリ仰天してしまいました。


うちの子は同じ年中でも平仮名はまったく読めないのです。それが、平仮名どころかカタカナや濁音、小さい『つ』などもしっかり使い分けて読んでいたのです。

極め付けが、帰るときにお母さんに促されなくても先生に「ありがとうございました」とお礼を言って出ていくのです。

私の子どもは、私が『先生に対して何ていうの!?』と言わないと「ありがとうございました」とは言わないのでそこにもびっくり仰天です。

先生に「うちの子は大分と遅れているのでしょうか」と尋ねると「人それぞれだから全く気にしなくていいですよ、自分のペースでやっていきましょう。それでも、お子さんは大分と甘やかされて育っているなというのがよくわかります。特にお父さんには甘えていますね」と言われてしまいました。

叱るときは厳しく叱っているつもりなのですが、公文式では自分で机に座らずに、私の膝の上に乗ってきたり、横にぴったりとくっつかないとプリントをやってくれません。

体験の子どもさんは、お母さんは大分離れた場所で見守っていました。

全く気にしなくて大丈夫と先生は言っていましたが、だんだんと不安になってきました。

私のところは子どもチャレンジと公文の算数をやっているのですが、私が復帰してお金に余裕が出来れば公文の国語も習わせてあげたいなと感じました。

それにしても、昨日の子どもさんには仰天しました。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり、グッタリ | トップ | 昨日の受診 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に子供によってです!! (LISA)
2017-05-16 20:37:39
今の段階では全く気にされなくて大丈夫ですよ!!

うちの娘も言葉だけははやく3歳でひらがなカタカナは全て覚えてましたが、単純に言葉が早いだけです。
おそらく元々そういう能力が備わってるだけで
私はなんにも教えなかったし、

逆に息子は言葉が遅い感じがわかります。
一歳半でまだ言葉らしい言葉がでてこなくて発達相談になったくらいしゃべらない!
一歳半のときの娘は30語ぐらいしゃべってたのを考えるとその差がすごい。

でも、、相手は生後9カ月で話ができておばあちゃんに神童だ!と言われて今あのような状態なので気にされないでください。
説得力ありませんか?(笑)  

幼いときは親と子供の触れ合いがとにかく大切だと思うのでその機会だと思えればいいですよね。
勉強はできるにこしたことはありませんが私は精神力を鍛えて欲しいと切に願うばかりです!
なので気になさらずに楽しくできるといいですね
気にすることではないです(笑) (まっころ)
2017-05-17 11:53:49
子供は本当にそれぞれです。

ウチの息子は恐ろしいほど発達が早かったんですよ~。
例えば、生後数日で横向き寝(まだ産院)。
7か月で単語を理解して喋る。
10か月で走る(汗)

3歳で、善悪の判断、相手の気持ち・痛み、空気を読むということがすでに備わってまして。
我ながら天才を産んでしまったと思ったもんです(爆)

だけどひらがなは小学校に入るまであまり読めませんでした。
着替えも自分でしないし、靴下も靴も一度も自分で履いたことはありません。
おもらしをするわけではないのですがウンチはトイレでしませんでした。
(年中までパンツタイプのオムツを常備してた記憶があります)
他にも色んな逸話がありますが~~~www
気にすることないんですよ。
私は全く気にしませんでした。

それより「男の子を産んだからには変態に育ててはいけない」という使命のほうがありましたわ(爆)

で、いま、それなりに勉強もスポーツもできますし、社会性もありますし、どうやら変態でもありませんwww

親に甘えるということは素晴らしいことですよ~~♪
親にしっかり甘えてないと、後々の自立に影響するそうですよ。
だからたくさん甘えさせてあげてくださいね。

ひらがなが早くに読める読めない、公文&ちゃれんじ・・・まわりを見てますとあまり関係ないように思いますよ??
LISAさん (T.H)
2017-05-17 16:38:14
LISAさん、こんにちは。

いつも訪問&コメントありがとうございます。

娘さん、3歳にして平仮名、カタカナすべて覚えられていたのですか?!それも衝撃です!!

いやぁ、一人で座って、平仮名、カタカナを区別して読めて、先生にお礼を言って帰る子と、私の子どもとのギャップが激しすぎて本当にショックでした。

妻は、カルタなどで一生懸命平仮名を覚えさそうとしています。


私もLISAさんと一緒で、子どもの勉強はそこそこで良いと思っています。将来人様に迷惑をかけず、自分の給料で自分のごはんを食べるくらいを稼げればそれで良いと私は真剣に思っています。それよりも精神力ですよね。

まだ小さいので、小学校に入ったり中学生になったりしたときにイジメられたりすることがないように、またイジメを見過ごさない強い精神力をもった子どもに育って欲しいなと願っています。

話は別ですが、LISAさんの神童のたとえ、とても説得力があります(笑)
まっころさん (T.H)
2017-05-17 16:44:52
まっころさん、こんにちは。

いつも訪問&コメントありがとうございます。

変態に育ててはいけない、ってそんな頃から思っていたのですか(笑)確かに変態に育ってしまってはいけませんものね。でもちょっと面白いです(笑)

子どもが親に甘えるのもそうなのですが、今のところ一人っ子なので私と妻の愛情が息子一人に集中してしまっています(笑)二人とも息子を猫かわいがりしてしまっているのも問題なのかなと思ってしまいました。

ある程度は放っておいてときには厳しく接することも大切ですもんね。

まっころさんのところの息子さん、3歳にして人の痛みや空気が読めるって最強ですね!!きっとまっころさんの教育がよかったんですよ。

今も、ツンデレとはいえ母の日にお花をプレゼントしてくれるんですもの、とっても良い息子さんに育っていますね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL