うつ病と闘う公務員のブログ

平成26年11月にうつ病と診断され、平成27年4月から1年2か月間、休職。うつ病と闘いながらも再起を目指す公務員のブログ

小池都知事のイクボス宣言

2016-09-14 21:55:53 | Weblog
小池都知事が職員に対して夜8時以降の残業を禁止するように求め、イクボス宣言を行いました。

私はバリバリ仕事をしていた時でも思うのですが、朝から集中力が持つのってせいぜい8時が限界だと思います。それ以上の仕事は集中力も落ち、惰性に基づく仕事になってしまいます。なので、非常に素晴らしい取り組みだと思っています。

以前にも書きましたが、私の市役所でも職場に「住んでいる」のではないかと思う人や、「残業=仕事をしている証
」と思っている人が大勢います。むしろほとんどそうではないでしょうか。

私の市役所の市長もイクボス宣言、ぜひしてもらいたいと思っています。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疲れMAX | トップ | 帰って来ました »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
THさんへ (さくらんぼ)
2016-09-15 08:20:45
おはようございます。

お加減いかがですか?

私も賛成です。
家族との時間、趣味や友人との時間が しっかりとあってこそ、本当に働くことが出来るって考えます。


そうそう、私のブログに頂いたコメントへのお返事にも書かせて頂きました。
私も障害者の方の施設で働いていました。(*^_^*)
さくらんぼさん (T.H)
2016-09-15 18:00:07
こんにちは。いつもありがとうございます。

お返事拝読いたしました。ありがとうございます。

さくらんぼさんも福祉現場で働いていたのですね。私は福祉現場が大好きだったのですが給料が安いため、たまたま受験したら受かった市役所に行くことになりました。辞めるか辞めないか大分と迷ったのですが、結局市役所勤めをしています。

この先どうなるかわかりませんが、もしも転職する機会があるならば私は迷うことなく福祉現場、それも障害者福祉の現場を選ぶと思います。

私はトイレ介助や入浴介助をするのは全く苦になりません。しかし、予算編成や会議資料のとりまとめなどの事務は苦痛でしかたがありません。ですので、やっぱり現場が向いているのだろうなと思っています。

リハビリ出勤から復帰する課は福祉とは離れてしまうため、なおさら市役所の仕事は向いていないんじゃないかと思っています。

しかし、これも社会人経験だと思って無理のない範囲で勤めてみようと思っています。いつかは福祉分野の課に帰ることでしょうし。

日々の葛藤をまたブログに綴りますので、また訪問&コメントいただけると幸いです。ありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL