うつ病と闘う公務員のブログ

平成26年11月にうつ病と診断され、平成27年4月から1年2か月間、休職。うつ病と闘いながらも再起を目指す公務員のブログ

今日は公休日

2017-07-11 20:45:40 | Weblog
昨日はボクシングレスッンの後、ボクシングメンバーとの飲み会でした。

帰ってきたのは夜中の2時半。とっても楽しい時間を過ごしました。

でも疲れ切ってしまい、今日は公休日なので、ひたすら寝ていました(笑)

今日が公休日で本当によかったぁ~!!

早い目に子どもを迎えに行きました。

夕方から子どもといっぱい遊びました。こういう時間、大切にしたいな~!!
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の受診 | トップ | サービス良い!! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みなさんの意見に同感です (よし)
2017-07-12 08:00:50
私も、みなさんの意見に同感です。
あらためて、その点を抜き出させていただきました。

静さんの意見
気持ちが急いてしまってもガス欠にならないぐらいの貯金
自分視点ではなく他人視点から判断されてようやく双方が安心した復職になる

とんがらしさんの意見
焦らないでくださいね
再発が多い病気です

LISAさんの意見
8月復帰があってもなくてもただ目の前にあることをこなすだけでこのときまでにはこうなりたいなど考えずに淡々とやっていかれていくとまた気持ちも変わっていく

さくらんぼさんの意見
親身になって下さっている周りの方々の意見も大切にして欲しい
みんな、THさんが 一番良い状態で復職なさることを思ってられてのこと
復職がゴールではなく、スタートとの言葉。

まっころさんの意見
専門家は何人も鬱病患者を見ています。
THさんの感じてる感情って実は教科書通りなんですよ~w
治る過程の‘あるある’
なのでとりあえずここはお医者様の意見に従ってのんびり構えてみませんか?

ジャスミンさんの意見
T.Hさんの仕事人生はこれから長いんですよ。
それを、この1ヵ月どーこーで台無しになる危険性があるのなら、ここは周りの言うこと聞いてゆっくりと
焦りや張り切り過ぎは失敗のもと。この病気の厄介なうちの1つ、本当に再発しやすい
そして、再発をするたびに再発率も上がってくる・・・体が覚えてしまうんですって。←私は、脳の中で、そういう回路が強化されていってしまうのではと思っています。

T.Hさんの意見
与えられた職務を一生懸命こなして、誰が見ても復帰できるだろうというところにまで回復しようと思っています。

上記の意見に私見を付け加えるとすれば、公休日の使い方です。

明日は公休日だからと、前日遅くまで飲んで、次の日寝込むというのは、復職前に生活リズムを崩しかねないので、控えておきましょう。

できる限り早期の復職を実現したいのであれば、平日は同じリズムで生活できるようになることを目指しましょう。朝も仕事行く時間には起きるようにする。必然的に、そのための前日夜の過ごし方も大切になってきます。いつも通りに朝起きて、子どもを保育所に送り、その後は図書館で好きな本や新聞を読んで過ごすなど、公休日に自分で、リハビリできるプログラムを組んで、それを1つずつこなせるようになっていってください。

しんどい時は無理してはいけません。休みましょう。でも休みだからといって、ダラダラ過ごしていては、復職はのびていきます。

焦りは禁物ですが、今できる範囲の7割ぐらいで、公休日の過ごせるプログラムを自分なりにつくってみてください。このさじ加減は、本当難しいです。この自己管理がうまくできるようになると、復職してからも、うまくいきます。

自分のつくったプログラムを1つずつこなしていければ、自信になりますし、また主治医や参事にアピールできます。簡単に1日の時間単位の日中活動表みたいな物を、毎日つけてみてもいいかもしれませんね。
もしそれが公開できるのであれば、より具体なアドバイスを送れると思います。
よしさん (T.H)
2017-07-12 19:40:45
よしさん、こんにちは。

いつも訪問&丁寧なコメントありがとうございます。

飲み会の件はやり過ぎてしまったなと思っています(汗)次の日が休みだからと言って、みんなに付き合ってしまいついつい帰りが遅くなってしまいました。

案の定次の日の公休日は一日潰れるくらい眠っていました。これが仕事だったらと思うとゾッとします。

公休日はだいたい昼過ぎまで眠っていることが多いです。そのかわり土日は早起きして子どもと遊んでいます。

公休日の使い方、しっかりと改めたいと思います。

いつも励ましてくださって本当にありがとうございます。精一杯復職に向けて、また復職後の安定した就労に向けて頑張ろうと思っています。

ありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL