うつ病と闘う公務員のブログ

平成26年11月にうつ病と診断され、平成27年4月から1年2か月間、休職。うつ病と闘いながらも再起を目指す公務員のブログ

臨床心理士さんとの面談

2016-10-18 14:38:38 | Weblog
今日朝、会社へ休みの連絡をいれました。

人事課の人からは一度臨床心理士(CP)さんと面談を受ければどうかとの提案を受けました。それからセカンドオピニオンも受けてみたらどうかとの提案もありました。

ひとまず、CPさんとの面談を受けることにしました。

金曜日の10時にCPさん宅へ出向いての面談になるようです。

セカンドオピニオンは非常に迷っているのですが、妻が積極的に受けろと言います。

私としては仕事帰りに通いやすい、医師が事情を知ってくれている(イチから話しをしなくていい)、自立支援医療の変更の手続きをしなくて良い、との理由から迷っています。

それらも含めてCPさんに話しをしてこようと思っています。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見事に筋肉痛 | トップ | 靖国神社の参拝について »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひとつのきっかけになりますように。 ()
2016-10-18 21:07:10
こんばんは。
臨床心理士さんとの面談、セカンドオピニオンはいいことかも……と思いました。
勿論初めから事情を話さなければならないのはしんどい部分もありますが、何かしら自分のことについて気付けるきっかけになるのではないでしょうか。
人事課の方が臨床心理士さんやセカンドオピニオンの話を持ち掛けてくれたのは何かのご縁かもしれません。
合わないと思ったらやめたらいいです^^
あくまでお試しで!


そうそう。
わたしもブログをぽつぽつと書いていますので、お暇なときにでも遊びに来てください。
静さん (T.H)
2016-10-19 13:32:22
静さん、こんにちは。

一応ですが今の医師を信頼しているので、なかなかセカンドオピニオンを言い出すには勇気が要ります。それに自立支援医療の変更もしなければならず、あまり気が乗らないのですが、せっかくなのでCPさんとの面談で好きなことを好きなように言ってこようと思っています。

いつも励ましのコメント、本当にありがとうございます。

静さんもブログしておられるのですね、これから訪問させていただきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL