広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一向にさえない国民病

2016-09-15 18:35:22 | 大いに怒りの炎を燃やせ。

もう、私のからだは 独り歩きできなくなってしまった。歩行器に頼っていたが

それも 600歩ぐらいで 機能停止してしまう。こんなことは3年前までは予想もしなかった。

タクシー呼んで整形外科に診察に行く。

先生の口をついて出た言葉にびっくりした。「どこか知り合いの病院はありませんか。」

しげしげと先生の顔を覗き込んだ。ただの爺さんにみえたのでしょうか。

いえ、ただの辞意だもの。無理もない。先生の顔色には明らかに困り切った顔をしている。

以前に゜中村整形に通ったことがありますが。アッそれはいいる中村先生に診てもらった方がいい

悲しいなあ。腰痛は国民病だというのに。四種類の痛み止め、神経の麻痺止めもう三か月も

飲んでるけれども 全然効力がない。死ぬまで背負っていく業病であろう。

不幸なことに 死病ではない。この苦痛と何年付き合うのだ。帰宅して寝台に横たわりながら

不安になってきた。おい、脊椎間狭窄症 いい加減にしておけよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党は野党統一の旗手とな... | トップ | 宇宙 下から見ていたほうが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大いに怒りの炎を燃やせ。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。