MyTracks

趣味の一人旅。自転車、カヤック、登山などのアウトドアなこと。カメラのことなどを不定期で紹介していきたいと思います。

花尾山(山口県) ロードバイク&登山

2017-04-01 22:56:53 | 登山

 金曜日の夜に仙崎の青海島シーサイドスクエアに行き、車中泊。朝、ロードバイクで出発。

シエンタで車中泊

青海島シーサイドスクエアからスタート。

国道316号を南下し、花尾山登山口を目指す。

湯本温泉。

渋木地区にある「市の尾登山口」。ここには集会所があり、ありがたいことに、トイレもあり、案内図もいただける。

登山口の集会所

今回から、熊鈴を装着。熊のシーズン。

 そこから、徒歩で、登山開始。この登山口からは、鈩(たたら)コースと、本谷コースに行けるが、登りを鈩、下山を本谷とすることにして、進む。


  最初は、舗装路だったので、ロードバイクでも行けたかもしれない。ただし、下りてから、ロードバイクをとりにもう一度登る必要があるので、まあ、徒歩で正解か。しばらく行くと、舗装がなくない、登山道らしい登山道が始まる。沢伝いなので、気持ちいい。小さな滝がいくつもある。

杉林の中の登山道。

小さな滝がいくつもある。

 登山道自体はまあまあ整備されている感じ。道なのか、道じゃあないのかはっきりしないようなところもあったが、ピンクのテープでしっかり目印がしてあったので、迷う心配はないと思われる。
 尾根伝いの道に出ると、急に視界が開け、明るくなる。景色も綺麗で、斜面は急なのだが、気持ちよく登れる。

尾根伝いの道に出ると、急に視界が開ける。


 山頂到着。ここには、二つ祠があり、長門のものと、別府のものということだった。高齢のご夫婦が、少しして登ってきたので、しばし雑談。若いころから、信州の山々などもいろいろと登っている経験豊富なご夫婦。今度四国の石鎚山に登るということで、トレーニングとして、今日登ったということだった。

山頂。祠が二つ。

山頂到着!!気持ちいい~。

快晴の山頂。最高!!360度さえぎるものがない。

GPSもきっちり669m

 そのうち、男性が2名、女性が2名、別々の方向から登ってきた。私を含めて7名の登山者。
 いつものように、山頂で、昼食とコーヒー。天気は快晴で、本当に気持ちよかった。横になっていると、本当にうとうとしてしまった。

山頂での温かい食事。これがいいんだなあ~。

食後のコーヒー これもうまい!!


 下山は、ここが、登山路?と山頂から見たらよくわからない道だったが、ご夫婦が教えてくれたので、助かった。(教えてもらわなければ、わからなかったかも)一旦下り始めると、尾根を通る感じの道で、気持ちよく進むことができた。ピンクの目印が鈩コースよりも、たくさん設置してあって、迷わないように配慮されていた。道自体は、道???というところもあったが目印のおかげで、無事登山口に到着。

  

本谷コースも沢に沿った下りで、滝も多い。

 


 ここからは、再びロードバイクに乗り、花尾山のすそ野をぐるっと一周する感じの道をとおって帰る。途中、名水100選に選ばれた弁天池に寄る。ここの水、本当に綺麗。色がなんともいえず、不思議な感じ。エメラルドグリーンの池だ。観光客も結構来ていた。

名水100選 弁天池。綺麗~


 県道36号を進んで、三隅へ行く。そこから191号線を通って、青海島に到着。
 走行距離63.7キロ。
 ロードバイク&登山。今回も達成感あり。



県道36号から見た 「花尾山」 祠も見える。

こんなところもあった。思わず撮影。

湯免ダム。

仙崎は金子みすゞの生誕地。

益田への帰りの夕日。

 

 


本日のコース63.7キロ
ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石見グランフォンド&SEA... | トップ | 桜満開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。