MyTracks

趣味の一人旅。自転車、カヤック、登山などのアウトドアなこと。カメラのことなどを不定期で紹介していきたいと思います。

高津川‐日晩山K.B.H(カヤック‐バイク‐ハイク)

2017-04-23 22:13:24 | カヤック

 高津川‐日晩山K(カヤック)B(バイク)H(ハイク)という手作りイベントを開催。やまぼけさん、Iさんが中心になって呼び掛け、20名もの参加者。地元MCC(益田サイクリングサークル)スタッフを入れると、40名近い人数。以前、この地ではモンベルの高津川安蔵寺山シーツーサミットが行われていたのだが、数年前から開催していない。以前、参加していた方が、高津川の水と景色の美しさが忘れならないと、言われたことがきっかけで、今回のイベント開催となった。なんとか、本当のシーツ―サミットが再開できたらいいと、行政にアピールもかねてのイベントだ。地元のテレビ局も来ていたりと、多少のアピールはできたのではないかな?
 1か月前ぐらいから、日晩山に登ったり、高津川でカヤックをしたりして、下調べをして本日を迎えた。私もスタッフの一員ではあるが、なかなか事前のお手伝いができず申し訳ない気持ちだったので、本日はしっかりとサポートしたいと考えた。
 遠くは岐阜から12時間かけてやってきてくれた人もいたりと、ありがたい限りだ。昨夜は、近くの万葉公園オートキャンプ場で宿泊だったのだが、私は、別の会合があり、本日早朝より参加。朝、6時前に、高津川に到着。すでに、1名の方が来ていた。江津から来た女性。
 そうこうしていると、だんだんと人が集まってきて、集合時間の6時半にはだいたいの方が高津川河口の河川敷に集結。普段こんなに、カヤックが高津川に並ぶことはないので、壮観だ。

たくさんの艇が並ぶ

地元のテレビが取材


 カヤックの部の先頭を命じられ、みなさんを先導して進む。先週は通れた所も水量が減って、底をするところもありライニングダウンをする個所もあった。それでも、天気はいいし、新緑の木々が美しく、当然高津川の水も綺麗で、気持ちよくUターンする飯田橋へ向かう。ここで、ある程度の艇がそろうのを待つ。その間、お互いに写真を撮ったり、雑談をしたりと、のんびりしたカヤックツーリング。

いい天気の中、気持ちいい。

これだけのカヤックが浮かぶのもそうそうない。

壮観~

飯田橋。

ある程度そろうまで待つ

カヤックの部ゴール。

こんな艇もある。


 下りは、流れがあるので、すいすいと進み、あっという間にスタート地点。ここで、カヤックを車に積み込み、すぐに帰ることができるようにして、バイクへ移る。3班編成で、日晩山登山口である、真砂へ向かう。登山口前には、カフェがり、そこで、小休止。鶏卵饅頭、コーラ、地元の人のお心遣いのおにぎりをいただく。感謝。

 

益田川ダムへ向かう道。

ロードバイクがずらり

登山口のカフェで鶏卵饅頭とおにぎりとコーラ

 登山も、1か月前に下見で登ったときよりも、新緑の木々が美しく。目で楽しむ登山となった。大勢でわいわい言いながら登る登山もまた、いいものだ。

だんだん登山道らしくなってきた。

日晩峠からの景色。綺麗~。

MCCの仲間たち

神社方向からの登山道なので、尾根伝い。後半はアップダウンがたくさんある。第2展望台で、撮影タイム。

その後、すぐ下り、再び登り第1展望台である山頂に到着。ここで、昼食タイム。集合写真を撮って、下山。

いよいよ山頂!

山頂到着~

ランチタイム!

日本海方面。石見空港も見える。

広島方面。恐羅漢山も見える。

登山メンバー全員で記念撮影!

再び登山口にあるカフェで、真砂豆腐と、ドライカレーをいただき、ロードバイクで高津川河口へ向かう。

真砂豆腐とドライカレー。

ロードバイクも壮観

みなさん、とてもいい顔でゴール。閉会式後、解散。楽しい1日となった。

シエンタに3分割艇とロードバイクを乗せる。

みなさん、お疲れ様でした~。

本日の軌跡

総走行距離 56キロ
 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午後から会議・・・午前中三... | トップ | 江田島SEA TO SUM... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カヤック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。