MyTracks

趣味の一人旅。自転車、カヤック、登山などのアウトドアなこと。カメラのことなどを不定期で紹介していきたいと思います。

午後から会議・・・午前中三瓶山登山決行!

2017-04-16 22:51:30 | 登山

  午後から、大田市で県の体操協会総会の予定。移動に2時間ぐらいはかかる場所。この会議に間に合うためには、午前中もつぶれてしまいそう。天気予報では、晴れ・・・、なにかいい方法はないものか?と思案して、前日の夜移動して車中泊をし、早朝から三瓶に登れば、登山と会議の両立ができる。ナイスアイデア。
 と、いうことで、会議に遅れてはしゃれにならないので、三瓶に登るルートで最短距離の「姫逃池コース」を登ることにした。その近くの駐車場。サヒメルの前の駐車場に行き、車中泊。トイレなども、近くのキャンプ場のものを貸していただいた。感謝。
 朝、登山者専用の駐車場があることがわかり、そこに移動して、そこから登山開始。その駐車場には数台しか停めていなかった。

山頂には雲がかかっている。晴れるといいけれど・・・。

登山者専用の駐車場に移動

午後の会議に間に合うように、最短コースの姫逃池コース。

 

登山道はよく整備されている。

雪~

だんだん標高が高くなってきて、展望もよくなってきた。

山頂が見えてきた。

 登山道はとてもよく整備されていたので、割とスムーズに山頂に到着。天気なのに、山頂は私一人。贅沢に山頂を堪能させていただいた。下から見たら、雲がかかっていたので、どうかな?と心配していたが、雲がなくなり、すばらしい展望。思った以上に早く山頂に着いたので、急いで下山すると、会議までの時間をもてあましそう。こうなれば、山頂で、ゆっくりしようと決意。割と広い山頂をいったりきたり、いろいろなところから景色を撮影した。ただ、かすみがかかっているようで、遠くはややぼやけて見えるのが残念だったが、晴れただけでもよしとしよう。そうこうしていたら、登山者が何人かやってきた。時間がはやかったので、私一人だっただけで、やはり、登山者は多い。男性も、女性もいるが、女性はファッショナブルな服装の方が多い。山ガールファッション。
 昼食には早いけれど、お湯を沸かしてカップ麺を食べたり、お決まりのコーヒータイムをしたり、寝っ転がったりと、本当にゆっくりした。
 景色を楽しんでいると、応援のような集団の大きな声が聞こえてきた。何事?と思い、声のする方を見ると、標高差500mある青年の家から声がしてくる。カメラのズームで見てみると、集団訓練をしているよう。人間の声も遠くまで聞こえるのだと、びっくり。

まずは山頂にある祠にお参り。

三角点にタッチ!

360度綺麗な景色。気持ちいい~ ポーズ。

標高1126m三瓶山登頂!

GPSは1130mをさしていた。

綺麗な山なみ

山頂なのだけれど、結構広い。

サヒメル付近から登ってきた。

雲海のよう。

セルフタイマー

汗をかいたので、服をかわかしましょう~

自撮り~

大社方面

山頂の草原へ向かう道。

人の声が・・・

なんと、標高差500mから聞こえて来ていた。

ちょっと早いがランチタイム&コーヒータイム。

 


 下山して、姫逃池にも行ってみる。この池は水深1mほどの浅い池ということだが、三瓶山をバックにとても絵になる池だった。

姫逃池・・・・絵になる。

ついでにサヒメルにも入館。写真もOKという珍しい資料館。埋没林など、迫力のある展示も・・・。

三瓶バーガー 石見グランフォンドの聖地。

山頂の雲はすっかりなくなっている。

山頂の展望台も見える。

数台だった車もほぼ、満車。

 


 そうこうしていたら、午後の会議の時間も近づいてきたので、大田の町へ向かう。これにて、三瓶山登山終了~。

 

本日の登山コース。姫逃コース

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高津川 カヤック | トップ | 高津川‐日晩山K.B.H(カヤ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。