MyTracks

趣味の一人旅。自転車、カヤック、登山などのアウトドアなこと。カメラのことなどを不定期で紹介していきたいと思います。

石見グランフォンド2017 YAMAP レポートアップ

2017-05-24 22:34:14 | 自転車

 5月14日に開催された石見グランフォンド2017のレポートを YAMAP の活動日記としてアップ。 「YAMAP活動日記はこちら」

 10日前のことだけれど、随分前のような・・・・。きつかったけど、楽しいイベントだったぁ~。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆生・大山SEA TO SUMMIT 2017参戦!

2017-05-22 20:56:15 | 登山

 この前の土日に行われた、皆生・大山SEA TO SUMMIT 2017。

 

 土曜日、シエンタにカヤック、ロードバイク、車中泊用ベッドなど搭載し、出発。それにしても荷物が多い。

 

 当然、プランターの野菜にはペットボトルで給水するようにした。

 

日野川河口に到着。受付をし、カヤックの組み立て。

開会式と、その後の環境シンポジュームには必ず参加することになっている。写真はモンベル会長 辰野氏。

SEA TO SUMMITの豪華景品。MCCのIさんは、閉会式の抽選で、モンベルのポイント2万円分が当たった。すごい!

皆生温泉で汗を流し、当然車中泊。寝る前に、MCCのIさんご夫妻と、一緒にしばし、歓談。

翌朝。いよいよSEA TO SUMMIT 本番!

会場にて、本日のイベントの説明。

MCCから参加は3名。

いよいよスタート。まずはカヤックから。昨年、奇跡で、シングルのカヤックの部トップという結果だったので、今年も、カヤックには力が入る。

Uターンして、これから登る大山を臨む。

まずまずの感じでゴール。時間差でスタートなので、この時点では順位は分からないが、自分としてはよくがんばったかな?

ロードバイク。上り、上り、上り・・・・。へろへろになりながらひたすら進む。

とにかく、きつ~。それでも先週、石見グランフォンドで、激坂の免疫ができていたおかげで、なんとかバイクのゴール博労座に到着。

さあ、ここから大山登山。

最初はこんな感じの登山道。

5合目に到着。

雪が残っているところも・・・。

景色は最高。

鳥になったような気持ちになる。これだから、登山はやめられない。

8合目を過ぎると、木道になる。ゴールまであと少し。

ついにゴール。最近、いろいろな山に登っているおかげか、昨年より20分ぐらいタイムを縮めたような感じ・・・正式にはリザルトが出ないとわからないけれど。  それと、シングルの部、10位以内のような感じ。これも、リザルトが出ないとはっきりとはわからないけれど・・・・。残念なのは、PCの不具合で、カヤックとバイクの記録がとれていないらしいことが、閉会式の時聞かされた。カヤックをがんばっただけに、ちょっと残念。まあ、それでも、正式なリザルトがでるのが楽しみだ。

 

GPSでは1708m。

大山山頂!

今回は、シングルバーナーなど持ってこなかったので、昼食はパン。

三角点から北側を見ると、こんな感じ。まったく表情が違うのもまたいい。

ヤマボケさんと、江津のSさんもゴール。一緒に記念撮影。

すぐに下山。帰りのバスの時刻が気になる。

下山途中に撮影。

再び博労座へ。なんとか、バスには間に合った。

このバスに乗って、カヤックを置いてある日野川河口へ。そこで、カヤックを車に積み、再び博労座へ行き、閉会式に臨む。こうすることで、閉会式後、暗い中、カヤックを片づけることなく、すぐ帰路につける。感謝。

カヤックを回収。そして、博労座へ。

閉会式。ここで、いろいろなものが抽選でいただける。40万円相当のマッサージチェアもあった。北海道の方にあたっていた。そのほか、プロトレックや、アクションカメラなどなど・・・・。私は、キャンプ用のナイフ、ホーク、スプーンセットが当たった。感謝。

 

カヤック、バイク、ハイク。それぞれにしっかり楽しんだ 皆生・大山SEA TO SUMMIT2017。来年もぜひ来たい。

次の目標は、6月の江田島SEA TO SUMMITだ。

 

 今回の軌跡。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

車中泊用アイテム購入(ポータブルバッテリー)

2017-05-18 22:03:50 | 

 一人旅等で、車中泊を楽しむようになり、行動範囲が広がり、中年ライフを大いに満喫しているわけだが、一人で行動するときに、スマホは非常にありがたい存在。スマホがあれば、すぐに連絡もできるし、地図とGPS機能を使えば道に迷うこともないし、高度も知ることができる。天気予報もすぐに調べることができる。旅をする場所の情報も、すぐに検索できる。ある意味、スマホは、一人旅をする者にとって、命綱と言ってもいいくらいの必須アイテム。そんなスマホにも弱点がある。それは、充電をしなくてはならないということ。車中泊をすると、エンジンを切って、夜を過ごすことにしているが、そうなると、車の電源は使えなくなる。充電しないままだと、スマホのバッテリーも消費された状態で、その日をすごすこととなる。先日も、石見グランフォンドの時に、車中泊の連泊をしたために、バッテリー満充電ではない状態で軌跡を記録するアプリを使用していた。ゴールしてから、軌跡を確かめようとしたら、なんと、バッテリーの残量が0%になっていて、軌跡の記録が途中までで終了してしまっていた。この時は、専用のGPSでもう一つ軌跡を記録していたので軌跡は残すことができたのだが、スマホが使えない状態ということで、家への連絡もできず、その日帰ることとなった。

先日の石見グランフォンドでこうなってしまった。こうなると、何もできなくなる。

 今までは、モバイルバッテリーを使っていたのだが、今回、それ以上の安心を!ということで、通販でニューアイテムを購入した。ポータブルバッテリーというもの。野外で、いろいろな電気製品が使えるという優れ物。家電製品はもちろん、車用品、USB機器などが使え、しかも、車のセルブースとにも使えるというものだ。ジャーンこれだ~↓

重量は結構あるが、それだけ、バッテリーの容量があるという証。

家庭用のコンセント、車用のシガ―ソケット、USBといろいろ使えて便利そう。

試しに、スマホを充電してみた。

この製品。送料込で12199円。

さっそく、今週末のシーツーサミット皆生大山の時に車中泊をするので、しっかり活用してみよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石見グランフォンド200キロ完走!!三瓶バーガーも!

2017-05-15 21:52:52 | 自転車

 日曜日にあった石見グランフォンド。ハードなコースではあったが、なんとか、200キロ無事完走!三瓶バーガーも達成!達成感あり!(5時に三瓶バーガーが閉まるのでそれまでに三瓶に到着したという証)詳しいレポートはまた。

今回、ほぼ、同じペースで、苦楽を共にしたササさんとお立ち台で記念撮影!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐羅漢山登山&石見グランフォンド前泊

2017-05-13 21:20:58 | 登山

 日曜日は石見グランフォンド。以前は、早朝、いやほとんど深夜に益田を出発して、久手海岸に来ていたのだが、昨年は、シエンタになったことでもあり、前泊をしてみた。これが、しっかり睡眠をとっているからなのか、とても調子よかった。今年も、当然前泊をしようと考えていた。しかし、昼間に移動というのは土曜日があまり有効に活用できないと思い、今回は、思い切って金曜日の夜にスタートして、車中泊を2連泊しようと考えた。土曜日を有効活用するためだ。

 では、土曜日に何をしようかと考えたのだが、なかなかよいアイデアが浮かばなかった。石見グランフォンドのスタート地点の久手は大田であるので三瓶登山というのもいいかな?とも思ったが、この前登ったばかりなので、パス。カヤックをすると、荷物が膨大になり、寝るときには、ロードバイクを外に出さないといけなくなる。やっぱり登山がよさそう。そこで、まだ登っていない山で、登ってみたかった山。それは、島根県の最高峰、恐羅漢山。実は、この山、益田市にあるのだ。この山の登山口で車中泊をし、登頂したあと、久手に向かうというルート。

 金曜日の夜。体操教室が終わってから準備をして、スタート。雨が降っていたのだが、天気予報では、土曜日は晴れるとのこと。予報を信じて、恐羅漢山の駐車場に向かう。深夜1時すぎに無事到着。車中泊。朝、起きてみると、雨は上がっていたが、霧?雲?の中にいるよう。とても、今、登山をしても、景色を楽しむことはできそうにないと思い、しばし、車の中で待機。すると、車をノックする音が、駐車場の移動をするようにとのことだった。深夜だったので、よくわからなかったが、キャンプ場の駐車場に停めてしまっていたのだ。すぐ、上に登山者用の駐車場があり、移動。そこで、再び待機。しかし、霧は一向に晴れる気配はない。

 

仕方がない、ここまで来て帰るのもいやなので、この霧の中、登山を開始した。登山ルートは二つあったので、行きと帰りを変えることにした。行きは尾根ルート。このルートは最初は散歩道のように、あまり上る感じはなかった。

 

途中から、登山道らしくなった。登山道は昨日の雨の影響で、どろどろになっているところもあって、なかなか大変だったが、なんとか、山頂に到着。ここ

  

からの眺めは・・・やはり、雲の中といった様子。

 

旧羅漢山へも行く。ここも、雲の中。

 

 

再び、恐羅漢山に戻ると、結構な人数が山頂にいるではないか。

 

 

やはり、登山ブーム。昼食を食べていたら、なんと、神様からの贈り物。ほんの数分間だけ、雲が晴れ、すばらしい景色を拝むことができた。感謝。

 

ふたたび、雲がかかり、見えなくなったので、下山。少しおりると、雲も晴れていて、景色もすばらしかった。

 

スキー場のゲレンデを下りていくような登山道。とても気持ちよかった。最後スイセンを植えているところがあり、ちょっと、時期は終わりに近かったようだが、ここもすばらしかった。島根県の最高峰(広島県との県境にあるので、広島県の最高峰でもある)登頂!達成感あり。

 スタートの駐車場にもどったのは午後2時ごろだった。ここから、明日の石見グランフォンドが開催される大田市の久手海岸に向かう。

 5時ごろ、久手海岸に到着。すでに、もう何台か駐車場に車があり、前日受付の最中だった。

 ここで、前日うけつけをし、その後、三瓶温泉に行き、リラックスタイム。夕食をとって、再び久手海岸。

そして、今、こうして、ブログを車の中で打っている。明日のために、今日はこれをアップしたら、寝よう。はやっ!でも、早く起きて、ロードバイクの場所取りをしなくては・・・・。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加