浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

生活保護の「利用者」

2017-04-21 09:46:29 | その他
 今日の『東京新聞』「核心」欄は、小田原市のジャンパー問題を検証する委員会の座長であった井出英策氏へのインタビュー記事である。井出氏らがまとめた報告書は、小田原市のHPからみることができる(生活保護行政のあり方検討会)。

 普通生活保護を受給している人のことを、「生活保護受給者」と呼ぶが、井出氏は「利用者」という。憲法25条で保障されている権利であるから、「利用者」だとする。なるほど、生活保護は「もらう」ものではなく、「利用する」ものだという考え方は新鮮であると同時に権利性を明確に示す。

 井出氏のインタビューの内容は、生活保護制度の考え方を豊かにする。生活保護利用者の弱者性は、自由がないからだ、自由に受給したカネをつかえないところからくる、というのだ。

 なぜ生活保護バッシングが生ずるか、それは「実際には世帯収入が300万円以下の世帯が34パーセントをしめるのに、自分は中間層だと思い込み、そういう人たちが利用者たちを「不届き者」だと思ってしまうところにある、発想を転換することが大事で、医療、介護、教育が公的に誰でも個人的負担なく利用できるようにすれば、生活保護費は少なくなる」とし、報告書には「みんなが頼りあい、幸福を追求するという哲学」をこめたのだという。

 そして井出氏は、なぜジャンパー問題が生じたのか原因を探るなかで、その担当者たちが市役所内で差別されている存在であったことにきづく。差別された者が、外で差別する、という構造。これは社会全般に普遍的にあるものだ。

 井出氏らの報告書は、生活保護制度を考え直す契機となるものだ。

 私はダウンロードして、その考えを広めていこうと思う。小田原市のジャンパー問題が、有益な結果を生み出した。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡県知事選 | トップ | 「共謀」とは。沖縄の事例 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。