浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

【本】松島泰勝『琉球独立宣言』(講談社文庫)

2017-03-13 09:20:49 | その他
 本書は、文庫本の書き下ろしである。松島には、すでに『琉球独立への道』(法律文化社)があるが、本書はそれを土台にしながら、簡便に琉球独立の必然性を語ったものである。

 第一章 もう独立しかない・・
 第二章 どのように独立するか
 第三章 そもそも琉球の歴史とは
 第四章 独立したらどうなる
 第五章 琉球独立宣言

 第一章の「もう独立しかない」という結論は、辺野古新基地建設問題や沖縄平和運動センターの山城議長の超長期勾留に見られるように、沖縄は、日米の植民地状態にあることを前提とする。かつて植民地にされていた地域が次々と独立してきたように(それは第二章で検討されている)、沖縄も独立すべきである、ということにつきる。

 沖縄が、1879年の琉球処分以降、いかに人間扱いされてこなかったか。翁長知事等が東京をデモ行進すると、「日本政府に楯突く者ども」という無理解の暴力的なことばが投げつけられる。日本には、政府が行うことはすべて正しいという、狂信的な者がネトウヨを含めてかなりいるようだ。
 沖縄の人々が、現状を訴え、これはひどいではないか、と主張しても、本土政府から、日本国民から一貫して無視されてきた。

 第三章に記されているように、沖縄は琉球王国として独立国として長い間存続してきている。それを暴力的に、軍事的に、明治政府によって琉球王国が「大日本帝国」に包摂されてしまったのだ。沖縄は独立国であった、その国が「大日本帝国」の植民地として存続し、第二次大戦後は日本政府とともにアメリカ軍の植民地支配が二重に覆い被さってきたのである。それは不当だという、沖縄の人々の訴えは、しかし無視され続け、カネをあげればいいだろうとばかりに、さらに本土資本の餌食とさえされてきた。

 これでは独立するしかない、という結論が導き出されるのは当然だろう。

 第四章は、独立後の琉球の未来像を示している。琉球独立は、夢物語ではなく、現実に可能であることを第二章とあわせて、証明していく。

 本書は、沖縄の人々の苦渋の訴えである。本土の日本国民を覚醒させるためにも、沖縄は独立するのだという、本土住民に向けた宣言でもある。

 大部の本ではない。本土国民は、本書の訴えを聞かなければならない。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンビニエンスストアの現状 | トップ | 【本】ポール・ギャリコ『雪... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。