浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

役人の無責任

2016-10-01 09:07:54 | その他
 考えてみれば、大学を卒業するとき、役所に入ろうなんて思いもしなかった。どうせつまらない仕事をずっとし続けるのだろうと思い込んでいた。
 
 以下は、『中日』の記事。

 東京都が開設する豊洲市場(江東区)で土壌汚染対策の盛り土がされなかった問題で、小池百合子知事は三十日、建物下に地下空間を設ける案は担当部局内で明確な意思決定がないまま段階的に計画に反映され、設置を決めた責任者は特定できなかったとする内部調査報告書を公表した。報告書は組織の縦割りによる連携、情報共有の不足などの問題点を指摘したが、小池知事が解明を目指した「いつ、誰が、なぜ」の核心には迫れなかった。

 役人は、3~4年で部署が変わるから、おそらく責任感をもって仕事にあたることはない。ずっと前、静岡県史の仕事をしていたとき、県庁の職員に「これこれの統計を作成して欲しい」と依頼したことがあった。もちろん作成してくれなかった。そのときの答えは、「ボクがそれを作成すると後の人の仕事を増やすことになる」というものだった。

 そういう姿勢の人が役人になるのだろう。事なかれ主義、与えられた仕事を無難にやる、仕事を増やさない、省エネ的仕事主義、余分なことはしない、無責任主義・・・・

 だから、東京都の調査結果が上記のようになっても驚かない。何かを積極的にやっていこうという人は最初から役人なんかにならない。

 だから、地方自治体なんかも、市町村なら国や県からの指示事項は何とかやる。国や県は、放っておいても地方自治体は一応の仕事はしてくれる。上意下達がやんわりと貫かれるのだ。したがって、地方自治体に「自治」はない。上意に反抗したり、疑問を持ったりする人はいないのだから、日本は国から地方まで自然体として中央集権が貫かれる。「地域主権」なんていうことばがあるが、地方自治体の役人の心性にはそういうものはないのだから、とてもとても。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 声を失った日々 | トップ | 英語、英語・・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。