浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

【映画】ジミー 野に駆ける伝説

2017-03-06 14:59:28 | その他
 ケン・ローチ監督の2015年制作の映画である。

 ストーリーは、

 1932年内戦後のアイルランド、ジミー・グラルトンが10年ぶりに故郷に帰ってきた。彼は平穏な生活を望んでいたが、村の若者から閉鎖された集会所の再開を訴えられる。かつてジミー自身が建設したそのホールは、人々が芸術やスポーツを学びながら人生を語らうかけがえのない場所だった。教会の監視が厳しい中、若者の熱意に衝き動かされホールの再生を決意するが、それを快く思わない勢力との諍いを招き…

  結局、何ものかによってホールは放火され、ジミーは何の法的根拠もなく、裁判もなく、国外追放処分となった。そして1945年アメリカでなくなった。実話である。

 カトリック教会と地主と軍、そして行政、警察が一丸となって無法を繰り返す。彼らの合い言葉は「アカは消えろ!」である。ほかには何もない。その「アカは消えろ」は、自らの経済的利益や社会秩序維持によって守られる権益を保持する、ということと同義である。

 いつの時代でも、どこでも、権力は横暴で無法を働く。人々が集まり、ダンスをし、歌を歌い、詩を読み、絵を描き、話し合う、そういうことを権力は嫌がるのだ。真実が人々の胸に宿ることのないようにしなければいけない。そういう場を、壊す。


 21世紀の日本でも、同じだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虚言をもとに事態を動かして... | トップ | おかしな、おかしな森友学園 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。