浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

宇沢弘文を読む

2016-12-31 19:36:40 | その他
 新自由主義経済政策とどう闘っていくか、そのbaseをどこに求めたらよいか、というとき、宇沢弘文の経済学は大いに参考になるだろうと思う。世界的に、新自由主義が採用されているが、数パ-セントの者どもの飽くなき利益追求を阻止し、「民営化」という私物化政策を押しとどめ、分厚い中間層をつくりだすためにどういう処方箋が求められるのかを、私たちが提示していく必要がある。

 というのも、アメリカでトランプという大富豪が大統領に選出された。トランプに投票したのは、数%の者や新自由主義で利益を拡大している上層の中間層どもでもあるし、新自由主義のもとで苦しめられた労働者たちである。労働者たちが、間違った選択をしないように、新自由主義ではないもう一つの道を、私たちは提示していかなければならない。

 2017年は宇沢の著書にも挑戦したい。

http://toyokeizai.net/articles/-/151173
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独立国? | トップ | ベートーベン 第9 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。