浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

道徳を人に説く輩

2017-03-08 08:01:40 | その他
 今まで生きてきて、他人に道徳を高みから説く者に人格者はいないという結論を得ている。

 ウルトラ右翼は、「教育勅語」が大好き。安倍首相やその夫人、自民党の諸君、そして日本会議、さらには森友学園の某など。しかし彼らこそ、平気で嘘をつく。嘘をついてはならないということは、確かに「教育勅語」には記されていない。しかし嘘をついてはいけないは、common senseである。

 今日もこういうニュースがあった。

幼稚園講演、昭恵夫人に「公務」で職員同行

日本テレビ系(NNN) 3/8(水) 2:06配信
 大阪の森友学園の問題をめぐり、安倍首相の昭恵夫人が2015年に森友学園が運営する幼稚園に講演に行った際、政府の職員が「公務」として同行していた事が分かった。

 昭恵夫人に対しては外務省と経産省出身の計5人の職員が秘書役としてサポートしているが、2015年9月、昭恵夫人が幼稚園で講演をした際には、経産省出身の職員が同行していた事が分かっている。

 これについて内閣官房は7日、民進党が行ったヒアリングで、この職員が「公務」として昭恵夫人に同行していた事を明らかにした。その上でこの職員の旅費などについて公費からの負担は無かったと説明している。

 内閣官房側はこれまで国会で、職員が同行した日は土曜日で「勤務時間外で、私的な行為として同行していたということはあると考える」などと答弁していた。


 さらに、

森友、教員予定者名簿に無断記載 男性「引き受けた覚えない」

2017年3月8日 02時03分
 大阪市の学校法人「森友学園」(籠池泰典理事長)が4月開設を目指す小学校を巡る問題で、学園が大阪府私立学校審議会(私学審)に提出した雇用予定の教員名簿に、公立小の男性教員の名前が無断で記載された疑いがあることが7日、分かった。男性は共同通信の取材に「一度も先生を引き受けると言った覚えはない」と証言。事実と異なる報告が新たに判明し、「不認可」の検討を始めた私学審の判断に影響を与えそうだ。

 男性によると、1月下旬に知人からの依頼で籠池氏を含めた3人で面会。教育理念を聞かされ「情熱があっていい」と答えたが、引き受けるかどうかは態度を保留した。(共同)


 それに、森友学園は、こういう「教育」(?)もしている。

http://buzzap.jp/news/20170307-moritomo-abuse/
 
 そして稲田。森友学園の某を知らないと言っていたが、それもウソのようだ。

http://lite-ra.com/2017/03/post-2970.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東電の経営者の責任 | トップ | 何もしていない政権 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。