浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

「共謀罪」は、凶暴罪

2017-04-23 22:04:08 | その他
 治安維持法と「共謀罪」のいずれが「凶暴」かと問われたら、私は「共謀罪」と答えるだろう。民進党の山尾志桜里議員が保安林等でのキノコ狩りが「共謀罪」にひっかかるかどうかを尋ねたところ、金田法務大臣の答弁は、「森林窃盗の対象となる産物には、立木、竹、キノコ(など)相当の経済的利益を生じる場合もありますことから、組織的犯罪集団が、組織の維持・運営に必要な資金を得るために計画することが現実的に想定されるのであります」であった。

 つまり「共謀罪」は、キノコ狩りの人々をも罰することができるわけである。しかし「治安維持法」は、キノコ狩りをする人々を対象とはしない。「治安維持法」は、「国体の変革」や「私有財産制度の否定」をする人々を対象とする。もちろん「国体」という曖昧で融通無碍なものであり形も明らかではなかったから拡大解釈というか、権力的解釈に大幅なフリーハンドを与えたものではあるが、それでもキノコ狩りを捜査対象にはできない。「国体の変革」などには結びつかないからだ。

 しかし「共謀罪」は、「共謀」という行為それ自体の成立を「目くばせ」でも成立するという幅の広い解釈が可能な状態であると同時に、「共謀罪」の網は多方面にかけられるのである。

 こういう法は、近代法の範疇には入らない、きわめて異質な意味を持っている。

 成立したら、地獄が待っている。

 「共謀罪」は途轍もなく凶暴であることを認識すべきである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「原発」村の住人の生態 | トップ | おや? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。