浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

『本を読むひと』・・静かな感動

2017-01-30 22:16:26 | その他
 童話は、動物が話し、動物同士も弱肉強食ではない世界を描く。子どもに読み聞かせる童話の世界は、現実からみれば奇想天外である。しかし、そこには想像上の豊かな別の世界が描かれる。おそらく子どもたちは、話しを聴きながら語られるその世界に入り込み、それぞれが個性的な世界を描くのだろう。

 今、『本を読むひと』のⅢ章を読み終えたところだが、本を読むひと・エステールが、子どもたちとその母親とともに動物園に行く場面があった。この本はフィクションであるが、その箇所を読みながら、童話の世界しか知らなかった子どもたちが、現実に動物たちをはじめてみたときには、どんな驚き方をするのだろうと思ってしまう。

 この本の世界に、私自身が入り込んでしまっている。

 2017年はじめに、とてもよい本に出会った。

 浜松市の図書館はこの本を9冊買っている。私がこの本の予約をしたときは、そのほとんどが予約可であった。しかし今、一冊だけ〇印である。『週刊金曜日』以外に紹介したところがあるのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【本】アリス・フェルネ『本... | トップ | 読み終えた »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。