浜名史学

歴史や現実を鋭く見抜く眼力を養うためのブログ。読書をすすめ、時にまったくローカルな話題も入る摩訶不思議なブログ。

ダニエル・バレンボイム

2017-07-06 12:17:37 | その他
 今日、『世界』八月号が届いた。ぱらぱらとみていたら、ダニエル・バレンボイムというピアニスト・指揮者の対談があった。ダニエル・バレンボイムは、私の好きなチェリスト・ジャクリーヌ・デュ・プレの夫であった人。残念ながら、デュ・プレは早世してしまった。デュ・プレの、ドヴォルザークのチェロ協奏曲を、私はよく聴く。全力で渾身の力で弾く、というのが彼女の音楽である。
 
 デュ・プレのことは置いておいて、バレンボイムの対談について書こう。

 彼は、対談の中で、グローバリズムとナショナリズムを批判する。グローバリズムは「制限すること」だと指摘する。その意味についての詳細はないけれども、私は鋭い指摘だと思った。グローバリズムが人口に膾炙する中で、世界はずたずたに切り裂かれてきた。それが現実だ。まさに「制限すること」だ。人々は自由を失ってきている。 彼は、ユニッヴァーサリズムを推奨する。

 そしてナショナリズムは「自分の関心が第一」であり、パトリオティズム(愛国主義)を薦める。「自分が幸せに感じていて、自国に対して誇りの感情さえ抱く。だから、他の(国の)人たちとも対話することができる」と。ナショナリズムの典型として、トランプの「アメリカ・ファースト」を示しているが、最近の東京都議会議員選挙で「都民ファースト」なる政党が躍進した。東京に住んでいる者だけがよければいい、という考えの政党に、東京都民が投票している。ultra・nationalistの安倍政権への批判の受け皿という側面もあるけれども、「都民ファースト」でよいのか。

 又彼は、「教育と文化」の重要性を指摘する。人々の関心は、カネ。「今日の時代精神において、文化の欠如、そして教育の価値があまりになおざりにされている」と。

 バレンボイムは、6月に寄稿した文でこう記す。

 ヨーロッパの反ユダヤ主義、ホロコーストがなければ、「パレスチナの分割はなかった。」、「ヨーロッパ自体がパレスチナ人への責任を負っている。」という趣旨のものだ。

 その通りだと思う。現在生じている事態の淵源を理解しないで、対処療法的な思考や対策が多すぎると思う。歴史をさかのぼって、なにが現在の困難をつくりだしたかを忘れないこと、それが大切だ。

 アメリカのイラク侵攻・フセイン政権の倒壊が、ISをつくりだし、現在のイラクの困難を生み出した。過去の歴史を忘れない、それを糾弾し続けなければならない。


 ダニエル・バレンボイムの曲を聴こうと、Amazonmusicで探したら、彼とイサーク・パールマンによるモーツアルトのヴァイオリンソナタ全集があり、それを聴き始めた。

 ヴァイオリンソナタというのは、ヴァイオリンが主役で、ピアノが脇役だと思っていたが、そうではないことに気づいた。ヴァイオリンとピアノが、対等の立場で会話をしている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍政権の権力の私的利用を... | トップ | 安倍政権による権力をつかっ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。