すこぶる…日記 

室長のアートな日々

月岡芳年

2017-04-25 21:05:31 | 日記
 先日、美術館「えき」京都で、展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」を見てきました。

 月岡芳年(1839ー1892)は、幕末から明治前期に活躍した浮世絵師。歴史絵、美人画、役者絵、風俗画、古典画、合戦画など多種多様な浮世絵を手がけた。また、芥川龍之介、谷崎潤一郎、三島由紀夫、江戸川乱歩など近代日本の文学者にも愛された。そして、画家 横尾忠則は、芳年をテーマにし編集した「狂懐の神々」(里文出版)と言う本を出している。

 そして、芳年と言えば血みどろの無残絵のイメージが強いのですが、この画家の作品の持つ、人物の表情や姿のリアルさ、ダイナミックな構図、鮮やかな色彩(特に赤色が秀逸)、スペクタルあふれる情景(さすが国芳の弟子)などその表現力や画力に圧倒されます。今回それらの作品を見て改めてかっこいいなと思いました。

 以前、杉浦日向子著コミック「合葬」(ちくま文庫)を読んで彰義隊に興味を持ったので、今回の展覧会で、芳年描く彰義隊の画がどのようなものか期待していました。慶応4年5月、新政府軍の攻撃で彰義隊が壊滅するが、芳年は上野の山に登り、戦場の死屍累々のさまをつぶさに実見しスケッチしたそうです。だからこれほどリアルな絵が表現できたのだと思いました。

 で、今回この展覧会の最終日に間に合い見る事が出来ましたが、来年2018年には、神戸ファッション美術館に巡回し、1月13日(土)~3月11日(日)の期間公開されます。見逃した方はぜひぜひ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナンバ・心斎橋ウォーク | トップ | 昭和の日 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。