KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

生きている

2016年10月19日 | 俳句
天気 曇

写真は、郵便を出しに家を出た家の前の野老(ところ)の黄葉。気温が高くても秋がどんどん進んでいるようだ。

今日も「事務処理」。若いころならてきぱきと半日で終えることが、なかなか進まない。
考えを変えて、今日はこれを一つ処理出来た、と思えば良いことにした。生きているから逝った人間の後始末を出来る訳で。

何しろ読書量の激減していた10ヶ月間、なぜか昨夜遅く、今月号の「月刊俳句」を殆ど読んでいなかったことに気付いた。もう、来月号が出てしまう。
読み始めたら引きこまれて、夜半まで読み続けてしまった。
「病床に生まれた名吟」「夭折俳人たちの、いのちの一句」
つくづく、生きている自分・・しかも昔の人に較べたら長命とも言える年齢まで生きている自分に気付かされた。そして、自分もまた病気と闘っていた10年だった、とも。

新宿ははるかなる墓碑鳥渡る  福永耕二

昔から好きだった句、作者はもう居ない人、とは知っていたが、42歳で夭折していたとは知らなかった。
正木浩一、49歳。田中裕朗、45歳。などなど。彼らが私の年齢まで生きていたら、どんな老年の句を残したろうか、と思わずにはいられない。
私は残す句などないけれど、壊れた心臓を器械で動かしながらでも生き永らえていることだけは幸せ、と真夜中に思って少し救われた。

10年前の、闘病の始まった頃の私の句を思い出した。

青嵐生きて病歴ふやしけり  KUMI

この時は二つめだった手術痕が、去年でまた一つ増えてしまった。それでも生きている。

訝しきものに種なし葡萄かな  KUMI
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大都会 | トップ | 失敗転じて・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごく嬉しい! (ふきのとう)
2016-10-20 18:30:59
kumiさん!何と嬉しい事でしょう!
私も<新宿ははるかなる墓碑鳥渡る>の句が何時も
心のどこかにあり
先日も句会で好きな句と問われて、この句を挙げたのでした。
句集も良く開いては読んでいます。
そしてkumiさんの<青嵐>の句も諳んじているのです。
夫も私も言はば「命拾い」の身、大切にしようと心掛けています。
ふきのとうさん、嬉しいこと (KUMI)
2016-10-20 23:04:19
命にかかわるような病気をすると、俳句を読む眼も違ってきますね。
私の句は、主宰に選んでもらえて、「青嵐」が大げさではなかった、とほっとしました。

毎日愚痴ばかり言ったり書いたり・・これも生きているから出来ること。
と、最近は少し余裕が出来てきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。