KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

豆ご飯

2017年04月29日 | 料理
天気 晴のち曇一時雨

午後になって突然の突風と雨と。昼ごろまでは穏やかな天気だったので野外へお出かけの人たちは大変だったかもしれない。
この時期は若い人のためにどこへも行かないので、関係なし。

で、珍しくお料理です。ご飯の盛り方が綺麗でないのは、我が雑な暮らしの証拠で恥ずかしい。
昨日の朝は豆ご飯。年に一度くらいは・・という大好物だ。豆は、前日に待ちきれなくて茹でてポテトサラにも使ったので、朝のご飯には炊きあがってから加えた。ご飯は、塩麹を入れて炊いてみた。正解、とてもおいしくいただけた。

今日は、午前中に朝掘りの地元の筍を買いに行き、すぐに茹でて夕飯には煮物に。


山椒の芽は、先日ここに写真を載せたように家の前に小さな木がある。
いつもの年なら若竹煮にするところを、最近、どうも若布があまりお腹に良くないことが多いので、厚揚げと煮た。
残った姫皮と根っこ部分は、明日使おう。

11年前の今の時期に、乳がんの手術をした。入院は5泊、何日目だったか、夕飯に豆ご飯が出た。外科病棟なので食事は普通食、毎食美味しくいただいていたけれど、これにはびっくりした。いつもはご飯が多くて残していたのを、全部食べてしまったことを忘れない。
その時の句  
  病院食とてぴかぴかの豆ご飯 KUMI(結社誌掲載)

豆ご飯と筍と。この時期にこれを食べられるのも、治療を頑張って生き延びた証拠。

味噌汁は青菜と豆腐昭和の日  KUMI
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩春 | トップ | 銀蘭 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご馳走様でした。 (ふきのとう)
2017-04-30 18:58:17
豆ご飯も。筍の煮物も実に美味しくお相伴させて頂きました。
筍は頂き物を食べましたが、未だ豆ご飯は炊いておりません。
季節のものは美味しいですね。私も真似て、厚揚げ入りの筍煮をしてみましょう。

毎年楽しみにしていた神社の裏の山椒の木、根元から
バッサリ切られておりました。
何時も賽銭を入れてから、頂いたいたのですが、がっかりです。
ふきのとうさん、山椒の木、もったいない・・ (KUMI)
2017-04-30 23:17:51
木が弱ったのでしょうか、残念ですね。
最近、花屋さんで苗木の鉢が売られているのを見ました。
庭に植えておくと重宝、とは友人の話です。
でも、ふきのとうさんの嫌いな揚羽蝶が卵を産み付けるとか。

季節感なくスーパーにはモノが売っています。
でも、やはり旬のものをいただくと元気をもらった気になります。
これからの私の楽しみはそら豆。
豆類が大好きなのです。

コメントを投稿

料理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。