KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

春の味わい

2017年03月06日 | 暮らしのつぶやき
天気 曇のち雨

写真は、一昨日、若いお客のために買った東京独活(うど)。
東京、と名をつけられているけれど、こちらでは「立川うど」の名で知られていた。真っ白な独活で、穴倉の中で育てられている。太陽が射さないと真白になり、いわゆる「アク」もない。この地へ越してくる前に住んでいた、立川市の北の砂川というところの名産品だった。甘くて、生で酢味噌、サラダ、きんぴらにも味噌汁の具にも出来る。
地続きのわが市でも作っている農家があって、多摩の地場野菜を売る店に並び始めた。普段、我が家は配達の有機栽培の野菜で不足する分はその地場産の野菜しか買わない。

多摩産の野菜も豊富にあって、少しお高いけれどそう多量に食べる訳でもないので、スーパーで遠隔地からくる野菜は買う気がしない。今の時期なら、朝採れの東京うど、「のらぼう」というこれもこちらの地場の菜っ葉、ブロッコリー、ほうれん草も小松菜も、大根も色々ある。これからは、トマトやナスも胡瓜も出回る。作った人の名前が解る野菜は安心できる。
私の大好きな苺も作られている。
多摩は、そういう所なのです、とても恵まれています。

今日は、寒い曇天に始まった一日で、午前は結社誌への投句の5句をまとめるのに四苦八苦。
午後は、毎日忘れてしまっていた確定申告。
格別な控除があるわけではなく、障害者控除があるので、申告すれば少しだけ税金が返還される。年金収入だけだから簡単・・のはずが・・国税庁のHPからパソコンで打ちこんで「出来た!」と思ったら、え?何だか変。
よ~く調べたら、控除欄を間違えて入力していた。やり直し。
などと、簡単なはずが結構時間がかかった。年金から引かれていたささやかな所得税、全額返ってくるので、ま、2時間以上かけてもお得なことではある。

独活そだつ太陽射さぬ穴の底   KUMI
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 啓蟄の散歩みちで | トップ | 血圧計とスマホ用三脚 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
KUMIさんありがとう (mako)
2017-03-07 03:14:27
私も確定申告の必要が。
もちろん還付はありませんが、市民税が^^;
国税庁のホームページで私もやってみますね。
初めてなので、時間がかかりそうです^^;

ウド。
子供の頃は山で父が採ってきたものをたべさせられました。
酢味噌和えばかりでしたが好きになれなくて・・。
でも、白いウドが売られているのを目にして懐かしくて買っていました。
でも、生で食べられとは知りませんでした。
私はさっと湯掻いていましたが、生で食べられるほどのものがこちらにあるかどうかは・・。
道の駅などの直売では見かけますね。
試してみましょ。早春の食べ物ですものね♪

納税 (ふきのとう)
2017-03-07 14:28:04
ほんの少しでも、過払い金が戻るのは嬉しいですね。

私も先程、昨年の土地売買の税金を代表で払ってきました。
1人づつ、権利を持てば、多分「税」はかからないのですが
権利者の多い土地は不動産屋さんも手を付けないそうです。
もっと楽しいことの代表になりたかったと、今さらながら思うのでした。
makoさん、多分、地域限定独活 (KUMI)
2017-03-07 16:03:31
山独活の栽培品は、野生に近いですね。
私は生でも平気、山菜のアクは大好きなので。
でも子供の頃はあれは苦手でしたね。
東京独活は、こちらでは当たり前に買えます、
でも、都心の方に住む友人は見たこともないとか。
狭い地域で特殊な栽培をしているので、どこまで出荷しているやら・・
日が経つとアクが強くなるみたいですし。

確定申告、数字をパソコン入力すると計算してくれるので電卓不要。
手引き書を見る必要がなくて楽ですよ。
多分、給与収入で同じだと思います。
プリントアウトして必要書類を付けて提出、は手書きと同じですけど。
私は税務署まで行くのが面倒で、いつも郵送しています。
ふきのとうさん、ほんと、税は面倒 (KUMI)
2017-03-07 16:29:00
私の来年は、そんなに簡単にはいかない羽目になるかもしれません。
でも、今年中に片付くやら・・というくらい、面倒な事情があります。
すべて終わって、気持が楽になったことでしょうね。
きっと、お姉さまたちは感謝していることと思います。
私も早く終わりにしたい気分です。

コメントを投稿

暮らしのつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。