KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

世田谷線と木香薔薇

2017年04月25日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

何十年ぶり? 東急世田谷線に乗った。
乗りたくて乗った訳でもなく亡姉の後始末の「野暮用」で世田谷区役所と都税事務所へ行くことになって。姉のマンションからは隣駅でこの電車に乗って行く。
二輌編成の電車は、住宅街をゆっくり走る。疲れ果てていたので、少しは楽しいことも考えなくては、と、行き帰りの車輛の写真を撮ったり。あらまあ、来る電車行く電車、みんな違う色とかたち。撮り鉄フアンに人気の電車、というのも解る。






東京の「田舎」へ越す前は、世田谷区民だった。品川ナンバーの車に乗っていた。結婚する前も、何年か世田谷に住んでいた。なので、区役所には行ったことはある。場所は昔と変わらないものの、街並は変った。覚えのある区役所の建物は古くなり、庁舎が幾つも増えていて・・何しろ大きな区だから・・用を終えて来た道を引き返し、都税事務所へ行こうと思ったら迷子になった。
スマホの地図を見ながら、やっと思い出した。

今日気づいた。世田谷だから、という訳でもないだろうが、住宅街に木香薔薇を植えた家が多い。香りが漂って心和む。


疲れていなかったら、途中下車して豪徳寺の招き猫に逢いに行きたかった・・と思いつつ、世田谷線を降りた。


風光る二輌電車の走る街  KUMI
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬越しの金魚草 | トップ | PM定期検査 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世田谷区 (dolce)
2017-04-26 11:45:38
KUMIさん、こんにちは。

私も学生時代は世田谷線沿線に住んでいました。
その後長男も新婚時代は社宅が世田谷線沿線で
次男も環七沿線に住んでいて、何故か三男も
新婚時代は千歳烏山に住んでいました。
世田谷区役所にはずっと縁がありました。

世田谷区は道が狭い上に一方通行が多くて、車で
生活するにはとても不便です。
世田谷線には良くお世話になりました。
昔は確か、すべて緑色の車両だったような・・・。
今は随分カラフルな車両がたくさん走っているのですね~☆
世田谷線、とっても懐かしいです。
dolceさん、縁ある電車なのですね (KUMI)
2017-04-26 16:39:00
ご家族みなさんに縁があったとは。
昔は玉電、と言って「たまにしか来ない玉電」などと。
今は複線で、1時間に10本もあるのでびっくりしました。
緑色の昔の車輛、今も走っていると聞きましたけど懐かしいですね。
亡姉のマンションが経堂駅前、私の結婚前の実家は千歳船橋でした。
とにかくあのあたりは今も道路が狭いですね。
歩いていても怖くて、事故の起きないのが不思議です。
句友 (ふきのとう)
2017-04-26 22:51:03
モッコウバラは眞子まのお印でしたね。
色が何とも優しく美しい薔薇ですね。

世田谷には親しい句友がおりますし、学生時代
夫も下宿していました。
私は襤褸市に一度だけ行ったことがあります。

ふきのとうさん、大きな区で (KUMI)
2017-04-26 22:57:12
世田谷は大きな区なので、色々な地域があります。
ボロ市、いつも行く亡姉のマンションの近くです。
昔、私も母と行きましたっけ。

もう春が終わる、と、木香バラを見ていつも思います。
淡いクリーム色は気品がありますね。

コメントを投稿

暮らしのつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。