KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

雷雨

2017年06月16日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴一時雷雨

ところにより雷雨、という予報が、やっと我が家の方へやってきた。午後3時過ぎ、雷鳴が聞こえたのでパソコンの電源を切った。
雨が来る、というので午前のうちに月一回の眼科通院。通りがかりの家に珍しい紫陽花がある。まだ咲き始め。


眼圧を測ったら、ちょっと高めになっていた。緑内障に眼圧高めは大敵、今までの点眼薬だけでは下がらないということで、もう一つ薬が増えてしまった。トホホ・・失明はしたくないから頑張らなくては。

実は昨夜、体調が最悪になって病院のER(救急救命室)へ行ってしまった。眩暈がひどくなり、いちばん怖かったのは左足が膝から下、氷のように冷たい感覚になった。今年は夏になっても足が冷えて困っていた。でも、こんなに冷たくなるなんて・・いよいよ血の巡りがどこかで詰まった? 夜中に脳梗塞になって救急車、は困る。
いつもの病院はタクシーでもワンメーターという場所だから、こんな時はとても便利だ。電話をして駆けつければ診てはくれる。
結果は、どこがどうという悪い所がなくて、眩暈の薬を貰っただけ。飲んだらぐっすり眠れて、今日はかなり落ち着いた。
多分「気象病」なのだろう。寒い日に眩暈が来て、それからおかしくなったのだ。
そういえば、ちょうど2年前に倒れてERの世話になった。その時は尋常ではない症状で、でも原因解明せず、帰宅したのちも長い間苦しんだ。で、その1ヶ月ほどのちに、心臓が壊れていると解った。

ともあれ、今回は何ごともなくて良かった。

打たれてもみたき雷雨となりにけり   KUMI
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある忌日 | トップ | 句会・大久保 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お気を付けて (ふきのとう)
2017-06-17 07:57:58
kumiさんの非常時の冷静さを見習わねばと思います。

息子から病状を知らされた夫も大分落ち着いています。
早かれ遅かれ与えられる試練、予定より早いですが
私なりの無理のない対応をと思っています。
と、言いつつも心が折れる時もありますが.....。
ふきのとうさん、ゆっくりと・・ (KUMI)
2017-06-17 22:32:20
今日は体調も回復しました。普段通りです。

ゆっくり無理なく暮らすことが何よりですね。
我が夫婦、覚悟はしたもののまだまだ生きています。
でも、人間の生存率は誰にも等しく、0%。

ふきのとうさんが健康を損ねないことを祈ります。
でも、句会へはなるべく参加してくださいね。
いちばん、心休まる時間です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。