KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

吟行句会・生田緑地

2017年01月25日 | 俳句
天気 晴

今日も朝は-3℃、という寒さ。ただ、風はあまり吹かないらしいという予報が嬉しかった。
ともかく寒い時は雪国仕様の着ぶくれ状態で、暖かい雪靴を履いて出かけるに限る。無論、ホカロンを腰に貼り、準備万端。

緑地内の梅林も咲き始めていて、多分そちらへ行く人たちが多いとは思いつつ、梅林までの坂道がきついので諦めた。(めえちゃん入れてから、坂道が苦手)
いつものように民家園に入ってあちこちの縁側で日向ぼっこしながら句帳を開く。早咲きの梅が咲いている家もあった。




古民家のあちらこちらで煙が上がっていて、虫喰いから建物を守るために囲炉裏に火を入れているのだ。そんな中、土間で榾を燃している家があった。


スマホの何と優秀なこと。火の粉まで写っていてびっくりだ。

なかなか俳句モードにならず時間が過ぎ、この火を見て「やる気」が出て・・
昼食は外で食べるような気候でもないし、と、弁当は持参しなかったから、緑地のいちばん奥にある岡本太郎美術館のカフェで食べながらゆっくりと句を仕上げることにした。午後1時までに句会場へ行けば良い。
と思いつつ食べていて、ふっと思い出した。今日の句会場は民家園内のいちばん奥にある施設で、そこは借りる時間が短いので、確か午後1時出句締切になっていた。もう12時30分だ。慌てて食事も句作も中断した。もっと早く思い出しなさい!!
坂道と階段を喘ぎながら登り、会場へ着いたら、もうみんな席についていて、投句を終わった人も居て。何をするのもスローになってしまった私は、ひたすら慌てて短冊を書き・・何とも忙しかった。
来月も同じ場所なのだ。今度は弁当と余裕を持って句作しよう。
あちこちで聞いた「笹鳴き」の句が未完成のままで終わったのが悔しい。

榾木焚く火の粉火の色火の匂ひ  KUMI
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒さ極まる | トップ | 池凍る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。