かしわだいあり~
改訂版 (2007/5/6)。感想を書くつもりではいますが、間違いなく短くて薄いです。その点はご容赦ねがいます…
 



はっきり言って、オープニングから衝撃を受けました。
好意的になって良いものか、大変悩むところなのです。

アニメ第1回から、自主制作映画風という、そうとう
大胆 (?) な作り方。
これをどう判断すればよいものか…

単純に思うところを述べると。
棒読み風のセリフ群で、素人劇を演出していることは、
痛いほど分かるのですが。
この手法、"通常の作品" をしばらく展開した後に、
それとのギャップを楽しむためのネタ、の様に思えて
仕方が無いのですが。
それを、初回からぶつけてくるとは……
何か意図があってのことか、それともそう深読みさせる
ためだけのものなのか………

作品の世界観を、こういうものと理解してしまっても、
問題ないのでしょうか ???
素人劇だからこそ、基本的には各キャラクターの通常設定と
代わりは無いはずなので、そう考えても問題は少なそうですが。

バニーガールの衣装を着て奮戦しつつも、敵である
魔法使いとの対決シーンではウエイトレスの格好。
拳銃、魔法のステッキ、目からビーム…もといミクルビーム、
そして商店街のコマーシャル。
……映画の具体的内容については、これ以上必要ないですよね。

思えば、ヒロインである涼宮ハルヒ嬢の出番、
ほとんどないのですね……


原作イラストが『灼眼のシャナ』と同じ いとうのいぢ氏。
そんな断片的な点だけで、期待していたのですが。
やはり、見た目よりも、中身の方が問題。
そして判断がつかないため、ひとまず継続へ。





「って、まだ半分あるのか、これ ?」というナレーションに、
ホントそうだなぁ、と思ったのはヒミツです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« ネットラジオ... 『吉永さん家... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
涼宮ハルヒの憂鬱 第1話 (Cross Channel)
もう説明とか感想のを書くまでも無い、第1話「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」 見たまま感じたままで判断するしかない。ちなみに原作の内容は知らない。 いきなりの偽オープニング曲「
 
 
 
(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第1話 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
涼宮ハルヒの憂鬱 何の前情報もなかったので、正直どういう内容のアニメなのか分からず、公式に飛んでみるとさらに分からなくなりました(苦笑)。あれでは、一体どんなのアニメなのかさっぱり分かりませんね。むしろ、興味が沸いてきましたけど(笑)。
 
 
 
涼宮ハルヒの憂鬱 第01話 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」超最高 (魔法先生リリカル☆ハギま!)
ミ、ミ、ミラクルミックルンルン ミ、ミ、ミラクルミックルンルン  素直に好きと言えない君も勇気を出して 恋のマジナイ ミクルビームかけてあげるわ 未来からやってきた幼な