浜田屋遼太

世の中のために何の役にも立たないブログ  お暇なお方は是非どうぞ(^^♪

鏡の池

2017-06-16 | 出雲國神仏霊場

出雲地方は縁結びの神さまを司るお社がたくさんありますが、そのうちの一つ八重垣神社。

参拝客の多くは若いカップルか、個人旅行の乙女たち…

が多いように感じます          

こちらで有名なのが恋占いの鏡の池。

紙の上に小銭を載せて、その沈む速度を計測して婚期を占うのであります。

早く沈めば婚期は近く、なかなか沈まなければ婚期は遠い。

などと非科学的でなんの根拠もない恋占いですが、出雲地方は縁結びの神さまがお住まいなので、誰も文句は言いません。

恋占いの作法          

ちなみにウチの同居人(妻とも言うが)は、ケチなので1円玉で占った。

軽い1円玉はいつまでたっても沈まない。

紙の上の1円玉は遠くへ流れ、同居人(その当時はまだ乙女…だった)は婚期を逃したのか?

あるいは放棄したのか?

途方に暮れ、そのまま鏡の池に飛び込もうとしてた女(先ほどの同居人ですが)を、アタクシが助け舟をだして仕方なく一緒になったしだい。

こんな話をぶり返すと、いやアンタに騙されただけよ。

あたしの青春返して~。

などと申しております。

鏡の池          

全くつまらぬ記事でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経島 | トップ | 日登駅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とみやの若おかみ)
2017-06-17 10:54:47
本当にたくさんの若い方がお参りですよね!!

私もむか~しやったことがある気がするのですが、全然思い出せません・・・
紙に硬貨は乗せたんですけど・・・
結果を覚えていません。

それでも、結婚できているので、結果オーライです(笑)
Unknown (浜田屋)
2017-06-17 20:52:00
昔の乙女も今では太め…

ですが誰も乙女心は抱いていたものでしょうね(^^♪

ご縁のおかげを、感じるしだいであります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。