浜田屋遼太

世の中のために何の役にも立たないブログ  お暇なお方は是非どうぞ(^^♪

修行が足りないオッサンのひとり言

2016-09-30 | お遍路

四国霊場ガイドブック  徳島・高知版          

薄い簡単な冊子ですが、遍路道の案内もバッチシ。

歩きもおクルマも、両方役立つと思います。

しかし時代は進歩しましたなぁ~。

カーナビが登場してからは、クルマ遍路の札所案内はナビ任せ。

歩きもスマホがナビしてくれる、そんな時代になっちゃった。

この冊子を見てビックリ、高知の高速道路もここまで伸びてたんだ

岩本寺まで一直線だね          

思えば遼太が小学生の頃、夏休み頑張りっ子挑戦で四国を歩いた頃が懐かしい。

この地図のルートは全て歩いたと記憶する。

そんな遼太も受験生。

月日の流れは早いものであります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タマゴもらっちゃった

2016-09-29 | 日々是好日

なんのことはないのですが、生タマゴ20個いただきました。

こんなプレゼントって、結構嬉しいものですよね。

ブランドものかな?          

ありがたく頂戴いたすしだいであります。

これからしばらく美味しい卵料理が続く予定。

たちまちは嬉しいのですが…          

食い物の記事はすぐ書ける自分が情けない。

 

概ねむ健康的&順調に肥えてます。

修行が足りないアホバカオッサン(アタクシのことですが)は、今だ健在だよ。

でも近頃体力的な衰えをヒシヒシと感じだした…

走ってまで仕事できない、高いとこ登れない、モノ覚えるより忘れる方が多い、何だかもぅ疲れてきました。

もぅどうにでもなれ…

って心境であります(^^♪

誰か助けてぇ~

なんちゃってね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国八十八ヶ所

2016-09-28 | お遍路

先日お遍路ではないが、遍路宿青空屋に泊まった。

玄関にあった四国おもてなしの宿の冊子          

ふぅ~ん、懐かしい。

また四国を歩きたくなったしだい。

ボチボチまいりましょうかねぇ(^^♪

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤だし

2016-09-27 | B級グルメ

呉竹鮨で持ち帰りの折をたのむと、インスタントではあるが赤だしがもれなく付いてくる。

とりあえず鮨を食べ、ふと気がつくと赤だしのほうをチラッと見る。

チラッと見るだけで、まだ手をつけない。

また鮨を食べ、半分位なくなったあたりでようやく赤だしをズズッと吸う。

とりあえず感想は無い          

「まぁこんなもんだろ」、という感想はあるのだが、そういう感想があったことさえ気がつかない。

じゃぁ鮨に赤だしがついてなくてもいいのか、と問われれば、いやそれは困る。

いや困る、というほど困るわけではないが、ないよりあったほうがいい、という程度に困る。

「こんなもんだろう」と思うのだが、別にないならないなりに対処しましょう。

と一口で言うと関係が希薄である。

これがゴハンと豚汁の関係だったらどうなるか。

とたんにその関係は濃密になる。

ゴハンと豚汁の場合は、一口目のゴハンを食べている時でさえ、視線は豚汁のほうに釘付けになっている。

もともと味噌汁と赤だしは、ゴハンの友という意味で義兄弟の関係にある。

ではどっちが兄でどっちが弟か?

ふつうは味噌汁が兄で、赤だしが弟と思うだろうが、赤だしは鮨という最強のパートナーの下で働くようになってからエラくなってしまった。

持ち帰り用の折についてる赤だしはインスタントだからエラくないのだが、ちゃんと手間ひまかけた料亭などの赤だしは先付け、お造り(刺身)、揚げ物などと同等の地位にある。

定食屋の味噌汁よりエラいのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走らずに終えた2016こんぴら石段

2016-09-25 | マラソン大会出場記

2016 こんぴら石段マラソン          

スタート直前、思わぬアクシデントにてレースはキャンセル。

参加賞のTシャツだけ頂いて家路へと急ぐ。

人生いろいろ、花は咲いたり散ったりするもの。

元気でいれることに感謝…ってことかなぁ、ってつくづく思う。

マネーも大切かも…ですがヤッパシ健康で元気、そして楽しく過ごせるのが一番ですよね(^^♪

世のため人のため地域のため、そして自分の成長のため頑張ってるつもりですが、今だ希望叶わず世の中のために何の役にも立たないオッサンなのだ。

あぁ~、しかし何かと忙しく疲れた一日であった。

おやすみなさい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広瀬引退

2016-09-24 | Carp

カープ一筋16年、広瀬 純          

昨年から今年にかけては一軍での出場はなかったが、ついにユニフォームを脱ぐことになった。

長い間、カープの低迷期を支えてくれた名プレーヤー。

明日のマツダスタジアム最終戦、先発は黒田だと思う。

キャッチャーは黒田の専属捕手といわれてた倉がどこで登場するか?

広瀬の最後の花道はどんなシーンになるのか?

楽しみですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立ち上がれ味噌汁

2016-09-23 | 日々是好日

いまインスタント味噌汁が大人気だという。

スーパーのインスタント味噌汁コーナーはいま花盛り。

生味噌タイプ、粉末タイプ、熱風乾燥ドライタイプ、そして大袋まとめ売り、一個売り、十個連なり売りなど形もさまざま。

こんなにたくさんのインスタント味噌汁、いったい誰が買っていくのだろう。

おかしいじゃないか。

味噌汁は衰退の一途をたどっていたはずだ。

20年ぐらい前から、味噌汁はみんなに嫌われはじめていたはずだ。

その頃の子供たちは「泥みたい、気持ち悪い」

といって学校給食で残した。

女子校生や大学生も味噌汁を飲まないで捨てていた。

そんな女子校生と大学生が将来結婚したら、その家庭から味噌汁は絶滅するであろう。

20年前、すでに味噌汁は絶滅の危機に瀕していたのだ。

それなのになぜ?

この花盛りの棚は          

味噌汁そのものは衰退したが、インスタント味噌汁は生き残ったということか。

「朝から味噌汁を作るのはアレなので、ウチは朝はインスタント」

「一人暮らしなので、わざわざ味噌汁をつくるのはナンだし」

というのが多い。

「アレ」とか「ナン」で、味噌汁を作るのはめんどくさい。

それにインスタント春雨スープが人気商品となって、ダイエット食品として若い女性に人気になってるらしい。

つまりインスタント味噌汁も、スープの一種とみなす層が新たに出てきたということらしい。

インスタント味噌汁、ではなくインスタントのミソスープ。

コンビニのおにぎりの棚の隣には、ほとんどのコンビニがそうであるようにカップ味噌汁の棚になっている。

どうしたってカップ味噌汁に手が伸びる。

中高年世代の我々にとってもありがたきコンビニ、なのである。

この棚並びは、コンビニ側の客への親切ととるか、コンビニ側の売上増進の悪巧みととるか。

アタクシとしては、親切と悪巧みの良き成功例としたい。

本物の味噌汁の衰退と、インスタント味噌汁の繁栄は時代とともに替わるのでした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸

2016-09-22 | 日々是好日

不思議なもので、彼岸になるのを待ってました…とばかりに咲く彼岸花。

今年も咲きました          

秋本番ですね。

朝晩スッカリ涼しくなりました。

日中は半袖でも過ごせるが、夜になると薄手の長袖が欲しくなる。

ちょうどそんな季節の変わり目を感じます。

季節は巡る          

次は何しようかなぁ~(*´∀`*)

なんちゃって♥

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鮭のフレーク瓶詰め

2016-09-21 | B級グルメ

鮭をほぐしたものを瓶詰めにしたものがありますよね。

人気商品らしく、スーパーの棚には様々なメーカーの製品が並んでいる。

ああいうものを、あのまま許しておいていいのか。

昔の塩鮭は切り身で、箸でえぐったりほじったり、骨があれば骨を外したりして自力で食べてたもんなんです。

それなのに今の子供たちは、魚は骨があるから嫌だ。

いちいち小骨なんか取り除くのが面倒だし、けっこう難しいとか言ってる。

もはや自力では魚の切り身も食べられなくなってるワケです。

現代では、鮭を箸でほじったりえぐったりすることが、苦労としてとらえられている。

でもこれってお酒のつまみにピッタシ

とても美味しい          

そういえば、あの瓶詰めには皮の部分が入っていない。

皮はどうしているんだろう。

皮もそうだが、骨のほうはどうしているんだろう。

やはり捨てているのだろうか。

そういえば、鮭の骨だけの缶詰があったような。

だったら鮭の「皮だけの缶詰」というのも売り出すといいですね。

そういうのが出たらすぐ買いたい、と思うのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三(江)線が泣いている

2016-09-20 | 日々是好日

地区敬老会で興行しようと思って購入した三線          

結局何の練習もせず、押入れの中に眠ってしまった。

来年こそは頑張って興業にたどり着ければいいけど…

たぶん絶対的に無理だね

困った…

 

急に思い立って追加記事。

三線と書いて、三江線を思い浮かべたしだい。

JR西日本の赤字路線、広島県三次市から江の川沿いを島根県江津市まで繋ぐ三江線。

来年秋に廃止されるそうです。

乗るなら今しかないね。

乗り鉄、撮り鉄、どんどんいらっしゃいませぇ~。

アタクシもそろそろ活動せねば…

なんて思ってるしだいであります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加