怪獣ときどきガードマン

怪獣ソフビ収集、ガレキの組立とフルスクラッチへの探求

ワンダーフェスティバル2017冬行ってきました 2

2017-02-20 | イベント
 二日にまたがってしまったイベントレポートは今回が始めてかな。それでは昨日の続きいってみます。





 ウルトラやホビー+痛快娯楽劇場=怪獣少年のブースに出展されていた、たかはしこうじ氏の原型になる『メフィラス星人』。いまのところメフィラス史上過去最高作と言っていいのでは。円盤も付属されるようです。



 光天国の『MACステーション』。結構大きかったのに7,000円でした。





 ダイモスの『シン・ゴジラ』作品群。ホントいくつのディーラーから出ていたんだろう。今ってシンゴジラ伝説の形成過程にあるんだろうか。





 モンスターメーカー28の初ゴジとアンギラス。



 蘇生工房3onの『オカリヤン』。ウルトラ怪獣の中心も世代交代したのかもしれません。





 真・造形とかの会より。大山竜氏の『シン・ゴジラヘッド』。驚嘆しました。これくらい凄いとシン・ゴジラにまた一層の付加価値が着きますね。





 かのてん全力投球! の『ドリームギラス』と『カイテイガガン』。原型さんは若いお兄さんでした。エースは昭和ですけど、「嗚呼! 一期ウルトラは遠くなりにけり」と思いました。



 ごめんなさい。ディーラー名失念。ウルトラファイトのバストキット。



 アス工房のシーゴラス。嗚呼、アス工房さんまでも新マン怪獣。といっても前からやってるか。





 上二つのバストキットはエクスプラスのギガンテック『シン・ゴジラ』原型担当で注目されるねんど星人の作品。



 造形工房キトラのドデカイ怪獣のシリーズ



 P.U.Tのチブル星人。完売していました。隣のアンドロイドゼロワンは再販していました。



 スシヅメモデラーズの『ウルトラマンパワード』。これは雰囲気あって良かったです。



 夢工房ハイライトの『キリエロイド』。ガレキのホームページがなくなって本業のだけになってしまいました。岡さんツイッターかフェイスプックでもやるんでしょうか。



 アマプロの『怪奇植物スフラン』。これがリアルソフビでなぜ出ないのでしょう。そろそろねぇ。



 浅井造形のキングギドラ。素晴らしいけど、買った人はどこに置けるのかな。



 吉野屋徳兵衛に置かれていた橋本智氏原型のキングギドラ。どっちのギドラがお好きですか。



 こちらもディーラー名忘れてしまいましたが、なんともいい雰囲気出た作品。このようにそろそろバストキットにもキャラクターの持ち味を行かした造形があってもいいですね。





 こういう造形に惹かれます。ディーラー名わかりません。いよいよ緊張感もなくなってきたかな。



 『モンスターハンター』のキャラクター『天廻龍シャガルマガラ』。翼がかっこいい。怪獣でないのが惜しいなぁ。







 エクスプラスの新作『シン・ゴジラ』いろいろ。今年シンゴジのファンはサイフがもたないんじゃないのかな。



 極めつけの『ギガンティックシリーズ シン・ゴジラ』。いくらになるのか? もちろんシンゴジラファンは買うんでしょ!?



 エクスプラスが今年始めるバストアップシリーズから『サンダ』『ガイラ』が出ますよ。



 帰ってきたウルトラマンの怪獣『プルーマ』が発売されるようです。あの少年の目が怖かったですね。円谷英二健在時なら不許可だったかも。



 海洋堂から出る『庵野秀明プロデュース シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア キット版』。会場限定価格 6万円也。



 海洋堂のプースに飾ってあったシン・ゴジラの『第5形態雛型』。たくさんのギャラリーに囲まれていました。



 海洋堂から木下隆志氏の『ウルトラマンエース』。スタチューが出るようです。



 同じく海洋堂から『ゴジラ1954』が出ます。巨大ソフビモデルで、原型はマーメイド。これも復刻版なのでしょう。



 CCP。なぜかプラックバージョンを多数用意。私はマンBテレポーテーションVerのオレンジ色を購入しました。



 これもCCP。かなめさんのダリーですか。リアルなのはいいけどキャラ的には弱い。さてどうすッか。結局は買うのだと思いますが。



 これらが今回の戦利品。やはりガレージキットは積ん読書状態になるのは必至なのであまり多く買っていません。例外はタイムワープの『ダダ バストキット』のみ。とにかく構えないで素組してしまうのがいいようです。

 総括すると、ウルトラものは世代交代が進み2期ものが圧倒的に多かった。またゴジラシリーズもシン・ゴジラ人気が平成ゴジラへの世代交代起爆剤になりました。それを確認しにいったようなワンフェス2016冬でした。

 これでいいんですよね。“世はうつりにけり”で…。会場で最も古い現役コンテンツは『鉄人28号』だったかな。『月光仮面』などの懐かしヒーローものは完全に消えました。私は今でも好きなんですけど、好きな人は幕張まで来られない体力の人たちばかりなんでしょう。


 さて。私のワンフェス、スーフェスレポートはこれをもちまして終了となります。理由はグーグル上位のアクセスの割に反響が無いのが第一、第二はサイコバス女と絶縁するため、第3は引っ越しでプロバイダーを変えようと思ったため、第4は私のホビー買い物レポをリアル世界の目線で冷やかす人物の存在がウンザリしたの、計4点です。

 オフ会などリアル趣味活動はやめました。サイコバス女や無粋な無神経男との遭遇はもうコリゴリだからです。

 しかし引っ越しが延期になり、また家人のスマホ契約がプロバイダー縛りを活用したため違約金が発生してしまうためプロバイダー変更できなくなりました。

 したがってまだ当分続けられるのですが、今回のレポートも自分の趣味より二期ウルトラ怪獣やシン・ゴジラを一般受け意識して優先的に撮ったりと、本末転倒になってきたので潮時かと一層思いました。

 さらに余暇において、子供とスボーツを2種類一緒に行うことになり、PTAの関係も増えてリアル世界での活動、付き合いが急増したことも決定的です。

 やはり匿名でやるのがネットの良さですね。中途半端にリアル界に触れるからおかしくなる。

 タイトルかアドレスを変えたいのですが、今までのデータが消滅するのももったいない。テーマも今までのままでいいのか? ちょっと試行錯誤してみます。

 それではこれにして失礼いたします。ご覧いただき、誠にありがとうございます。

 
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ワンダーフェスティバル2017冬行ってきました

2017-02-19 | イベント
 快晴の天候の下、幕張メッセへ向かいました。ワンダーフェスティバル2017冬。出かける前に家内が「昼過ぎには帰ってくるの」だと。もう何回行ってるンだよ! 数えてみたら14回目でした。まったく覚える気はないようです。それはいいとして…



 ジャン! 着きました。毎度の高速バス。シャトル便はいいですね。40代後半の方には推奨します。さて今回は入り口に痛車が展示してありました。たまにはこういう出迎えもいいですね。



 Harley Quinnの新作「HARRYHAUSEN's WAR OF THE WORLDS」。ハリーハウゼンの試作映画に登場する火星人のレジンキットでした。



 聖咲奇氏のSaqux’sタイムマシン。最新号『怪物園Vol.6』と『Time machine Vol.7』。先着7名にもらえるポスターが入手できました。真っ先に行って良かったァ!



 NorthStarの「ウルトラマンレオ」から『ウリー』『コロ星人』。



 おもち屋の『レッドマン』。4、5cmのかわいいサイズでした。



 タナカケンイチのゴジラ群。かっこいい姿に整えられた印象のモスゴジでした。



 豆魚雷から「バンピレラ」のスタチューが7月に出ます。嬉し~! まだ忘れられてないようで結構、結構!



 タイムワープの『マンモスフラワー』レジンキット。原型の椎名孝雄氏に質問したら「ジュラン」のようなお菓子をいただいちゃいました。ありがとうございます。



 同じくタイムワープの『ダダ バストキット』。原型はうらまっく氏。元怪獣無法地帯のメンバー だった原型師ですね。



 これもタイムワープの『ペスター』。原型は同じくうらまっく氏。結構大きかったです。



 こちらもタイムワープ。原型担当のお名前を聞いたのですが失念…。私でも知っている方でしたよ。



 尾崎翔三工房の「ジャンポーグエース」から『ジャンキラーJr』。



 GG'Rの『チブル星人』。中空になっているそうです。結構な大きさでした。



 仁工房のNATOキンゴジ。原型はクラバート。なんとあの井上雅夫氏の監修済みです。



 YAMAKAWA造形部の『シン・ゴジラ』



 べらねどんの『バッドバアロン』。今回は本当に二期ウルトラ怪獣が目立ちました。



 M1号では書籍『ウルトラマン トレジャーズ』『ウルトラマンの現場』を購入した人に桜井浩子さんや古谷敏氏のサイン会を行っていました。分かっていればamazonで買わなかったのに!



 おまんたワールドの『シャドー星人マスク』。前に出したものよりは一回り小さくなったようですが、今回は耳が付いていますよ。



 ゴートの『オイルドリンカー』。さすがの造形です。



 これは中国のメーカー開天工作室のコモドドラゴン。他にも馬に乗った三国志の英雄たちのフィギュアが大きくて迫力ありました。



 ディーラー名ど忘れ。『シン・ゴジラ』バストキット。かなり大きかったです。



 ロズウェルジャパンのキングコング。今度の新作ではなく前のリメイク版でしょう。



 エイリアン。完売していました。



 私の好きな「マッドマックス2」から『ヒューマンガス』。



 ステルス田中雷工房の『ビートル』。巨大でした~。ウルトラ警備隊のスライドドアの開閉音の音声ギミック販売にはびっくりしました。



 地球防衛軍秘密基地の『パラゴン』と試作段階の『バキシム』





 大阪のフィギュア販売店ジャングルからオリジナルで巨大フィギュアが発売されます。ソフビキットの『マジンガーZ』8,640円、『グレンダイザー』10,800円。等身大の『デビルマン』も良かったです。やはりデビルマンはこのポーズですよね。



 「ゲゲゲの鬼太郎」から『妖怪列車』。大きいのにお値段1万円はお値打ちでした。


 同じディーラーの『ペロリゴン』



 こちらも同じディーラーさん。水木しげるの妖怪を大きく破綻なくモデル化して皆1万円だったのには驚きました。迫力ありましたよ~



 クラシックモダンの『初期鉄人28号』など。



 かなめみお新作は『アイロス星人』! さすがの出来でした。決定版誕生ですね。



 かなめみお新シリーズ“怪々小行進”から『背広ケロニア&地底人&ゼットン星人』。



 これも『シン・ゴジラ』。どこだったかな~。それにしてもシンゴジラのヘタなモデルってみませんね。作りやすいのかな?





 酒井ゆうじ氏の小間。シンゴジラブームもここから発進されているように見えました。



 こちらも酒井氏の『デスゴジ』。すんません平成とシンゴジラには愛想なくて。



 ホライジンクの『ガイラ』原型は米国のプロ原型師Tony Cipriano。



 SHINZEN造形研究所の『シン・ゴジラ』。それにしてもこれだけシンゴジラが出てきて皆一定水準の造形なので選ぶ方も面白みがないような気がするのはオレだけ?

 明日に続きます…。


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

WFの前にたまってたネタその2 ビリケンのミクラス購入

2017-02-18 | 怪獣ガレージキット
 1月のスーパーフェスティバルで買い損なったビリケン商会のミクラス、やっと手に入れました。
 


 スーフェス直後に青山のお店に行って予約していました。それが入荷したと連絡があって購入してきた次第。お蔭で溜まるとプレミア品と交換できる“キンピカシール”をもらえたので結果的には良かったかな。



 色は初回品と同じ茶色。さぁ~て素組みでも十二分な魅力があるので塗らずに進めようかな?



 あまり重しを入れるのは好きではないのですが、ミクラスの体形なら必要でしょう。いちおう釣り具屋にも行ってみました。重いほどいいと考え、紡錘型のものが足の太さにも最適かと考えたのですが、あの重さのソフビがタンスの上の設置場所から頭上に落下する危険性を考えると無理!そこで割れない、ソフビを変形させないエアコンパテにしました。モノタロウなんかで売ってる業務用ならかなり安い。100円しませんよ。



 これはインスト。塗装方法についてあれこれ書いてありますが、読んだらもうそれだけでギブアップする内容。自己流でやらしてもらうおうと思います。

 え~っと、え~っと明日はワンダーフェスティバルでした。一般的には『シンゴジラ』のキャストキットが人気なのでしょう。

 私はネット上の不具合によってブログの更新が止まっていましたので、用意したネタが古くならないうちにアップしておきます。映画としては『シンゴジラ』好きですがコレクション的には興味そそられないので、ワンフェスは従来どおり“昭和”中心で見てこようと思います。

 それでは明日幕張メッセへ行ってきます。では今日のところはこれにて失礼いたします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あさってWFだというのに… 今頃メカコレのUP

2017-02-17 | プラモデル
 お久しぶりです。gooのブログが仕様変更で画像のアップができなくなっていました。簡単な解決策としてはブラウザを変えることだったのですが、なるべくやりたくなかった。しかしもうあさってはワンフェスだっていうのに改善の見通しは立たない…。

 そこでインターネットエクスプローラーを捨ててChromeに切り換えました。
 以下、遅ればせながら用意していたネタを今頃UPします。ご覧ください。






 いや~クラクラします。本当にメカコレは食玩だと思ってたんです。だからブラモデルだと分かった時は軽いショック。さらに箱を開けるとこれですよ。
 でも乗り掛かった舟です。既に『ビートル』『ウルトラホーク1号』『特殊潜航艇』『小型ビートル』と作りましたので、後続のシリーズすべてを組み立てることにしました。



 これは『宇宙ビートル』。後付けのロケットブースター?が『マジンガーZ』の“ジェットスクランダー”を彷彿とさせます。











 できた~! パーツが増えたのに値段は前の『ビートル』と同じなんです。



 次は『ベルシダー』。こいつは比較的楽に組み立てられました。それにしても日本の模型のチリ合わせの水準はすごいです。



 レーザー砲に差し替えられるのですが、先に埋め込んだバーツを外すのに往生しました。カッターの刃を差し込む隙間もないのですから。

 楽といってもこのミニベルシダー(ビートルに装着させる)にスライドステッカー貼るのは大変でした。こんなこと外人さんができるんだろうか?



 そして『科学特捜隊専用車』。こいつも簡単そうに見えましたが、組み立てる順番に難儀しました。







 私気づいてしまいました。この車のモデルはシボレーコルベアであることは皆さんご存じのことと思います。なのに製品パッケージには一つもライセンス許諾の記述がありません。ミニカーの世界ではありえないことですけどね…。



 勢ぞろいしました。でもこれで終わりではありません。あと『ウルトラホーク2号』『ボインター』『ウルトラホーク3号』が予定されています。もう今さら降りられないので最後まで完遂します!

 でも皆さんにはお勧めしません。製品としては素晴らしいのですが何せ組み立てが大変。でもガレキに比べたらまだ簡単かぁ~。しかし私は一切塗装していません。そこを割り切っているから作れているのですけれどね。

 明日にはワンダーフェスティバル2017年冬についてアップできるかと思います。それではこのへんで失礼します。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ミクラス完売! スーパーフェスティバル73

2017-01-08 | イベント
スーパーフェスティバル73に行ってきました。今日の武道館は「Little Glee Monster」のライブ。主たる客層は若い女の子でした。ここと関係ないですね。さてさて…。







 シカルナ工房から。既存の鉄人28号シリーズの色変えVerがいろいろありました。私は東京コミコンの時見たビリケン商会のイノウエアーツ原型『鉄人28号』ウェザリング版が目的だったのですが間に合わなかったそうです。しかし2月のワンダーフェスティバルでは販売できるとか。ビリケンでも売られるのでどっちで購入した方が得なのかな?



 藤岡弘、さん目的で行ってきたのでついつい目がとまりました。ショッカー怪人がライダーキックで爆発するのは、このバックルの中に爆薬が詰まっていて、作戦に失敗したという判断からショッカー本部が爆破のスイッチを入れる… 確かそんな設定がライダースナックカードに書かれていたような記憶があります。子供ながらにアトづけだろ~と思っていましたが。



 キングジョーのボディがペダンチウム金属で出来ているという設定でしょうか。面白い! ライセンサーに迷惑をかけないこんな範囲の独自展開はいいですね。





 エクスプラスの小間。東宝大怪獣シリーズ『シンゴジラ』です。いいんだけど私は一線引いておきます。ナム~。







 ついに発売『東宝大怪獣シリーズ ガバラ』。ここまできたら東宝怪獣集めている方は皆さん購入されるんでしょうか。





 メフィラス星人2代目。毒を食らわば皿までか。愛嬌は感じますね~。



 こちらもシリーズの補完に「チタノザウルス」です。



 これは東京コミコンにも出ていました「カイザーギドラ」



 クリストファー・リーの「ドラキュラ」。洋画モノはブランドを独自に立ち上げているようですね。



 マルサンのいろいろ。何度も書きますがレトロ系は触手が動きません。これらを好きになる境地には未だ至らず、悟りにはまだ道半ばなのでしょうか。



 CCPの怪獣新作はこいつだけ。ソフビ塗装済み完成品『ギラドラス』です! 延藤社長にお聞ききしたら原型は森下要氏と教えてくれました。私は“かなめみお”ブランドのレジンキットを組み立てて既に持っています。が、重くて将来の保管や安全性の点で不安があるし、お得ですからこの際予約しました。既に書いた「スカイドン」の時と同じ理由です。








 そしてビリケン商会。「ミクラス」買う気満々で出かけたのですが、なんと完売! 三原社長のお話だと一人で複数買った人が多く、なくなってしまったとのこと。
 ミクラスが愛らしくて手にとるソフビ人形にふさわしいキャラクターだからでしょう。ヒトの認識は、リアルフィギュアである前に“お人形さん”と捉えているのだと推測します。ハマハヤオ原型が支持されるのはこの辺に理由があるのではないでしょうか。



 テディベアタイプは人気の「ブースカ」に続いて「チャメゴン」も出るようです。







 国際貿易の1/18シリーズ。『ウルトラマンタロウ』の「ウルフ777」ってトヨタクラウンベースのザットカー?。どれくらい売れるか気になるところです。



 そしてそしてわれらがヒーロー、藤岡弘、さん。といってもうちの子供がファンなので私も改めてファンになった次第。スーフェスには5年振りの登場だとか。私が行きだす前ですね。今回は昨年の『仮面ライダー1号』のお話少しと『真田丸』本多忠勝のお話たっぷりでした。おもしろかった。ウチの子供も大満足したようです。



 終わって後ろを振り返ったら映画の1号が!



 うちに帰って、買い求めた藤岡さんのコーヒーをおいしくいただきました。今日は寒かったですから一塩うまさが染みました。味は意外なことに、普通においしかったです。



 他には、CCPでアウトレットの特売やっていたので昨年パスした『ウルトラマンBタイプ テレポーテーションVer.』を購入。なんか発売時と雰囲気が違ったので尋ねたら、個体差のような説明をします。そこで帰宅してチェックしたらスチールと足先の開く角度が違っている。アウトレットだから? そこでちょっと手の角度も外開きに変えて撮ってみました。



 比較です。CCPの公式スチールは左。私の小改造は右。どちらが好ましいですか? 足先の角度、拳の反り、撮影のアングル(上目から撮って力感につながるイカリ肩気味に見える)、これらで随分違って見えます。

 この画像を見たあと、実物のフィギュアを見るともっと格好イイ! 値引きもあったし買って正解でした。メーカーもただ良いもの作ればオシマイではなく、商品が最も魅力的に見えるアングルや手足の角度にも気を配ってほしいです。ちょっとのことで売れ行きに影響があるのではないかなぁ~。なにせ私は当初見送った位ですから…。



 最後に目の保養をどうぞ。ホセ・ゴンザレスの『バンピレラ』。当時のコミックに彩色した現代版です。ホセ描くところの、この姐ちゃん見ていると80年代の昂りを思い出すのです。ワタシ『スターログ』世代ですから。見るもの触れるものすべて新鮮でワクワクできた。自分はいい時代に高校時代を過ごせたと思います。
 まぁ今は今でアメコミ映画全盛で「シンゴジラ」もあって盛り上がっているし、それぞれの時代なりに楽しめばいいんですけどね。

 それでは今回はこのへんで失礼いたします。それにしても藤岡弘、さんカッコ良かったなぁ!

 追伸 今回行列が出来ていたブース名を明記しておきます。ヤモマークとPLAY STUDIO。PLAY STUDIOの方は香港系ですね。私はレトロ系やオリジナルソフビに興味はないのですがあまりに人がたかっていたので…。もうこのように関心の範囲が狭いとレポーターとして適しませんね。本当に世代交代です。ユーザーの関心はこれらに移ってきているわけです。それではこれで本当に失礼いたします。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加