タンボマスターへの裏道

富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームが、米農家の頂点、タンボマスターへの険しき道に挑むっ!

我が家にバルミューダ炊飯器がやって来た!

2017-08-09 17:10:15 | 農家の食卓
先日の台風5号は、
富山県をきっちり通過していったはずなのですが、
早朝だったからか、
ぐっすり眠りすぎていたのか、
台風の勢力が弱まっていたのか、
よく理由がわからないのですが、
全く気づきませんでした・・・。

実は、
多くのお客様からご心配とお見舞いのご連絡をいただいたのですが、
すみません、
気づいたら通過していました・・・。

とにかく、
被害は全くなく、
稲も順調に生育しています。

今後の天候にも左右されますが、
今年も実りの秋を迎えられそうです。





こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き書き手、
濱田律子です。





さて今日は、
2003年に東京で設立されたバルミューダという会社の、
炊飯器のお話です!

バルミューダといえば、
自然な風を再現する扇風機で話題になり、
その後あの感動のトースターで一躍有名になった、
あの会社です。

実は我が家にも、
トースターがまずやってきて、
その後ケトルも仲間入り。

今年に入って炊飯器が発売されると聞いて、
米農家としてずっと気になってはいたんですが、
もともと炊飯器を使わずお鍋で炊いていた私には縁がないかなと思っていました。

が!
油断大敵(笑)!!!

ご縁があって、
我が家にお嫁入してきちゃいました♡
BALMUDA The Gohanです!





久しぶりに(たぶん5年ぶりくらい)炊飯器を使ってみたら、
あら便利!
炊飯器ってタイマー機能があるんですね♪

でも一般的な炊飯器のように、
保温機能はありません。
まぁ、
保温機能はご飯の美味しさを著しく劣化させるので、
米農家としてもあまりお勧めしたくない機能ではあります。

便利なんですが、
そこを潔く省いているところに、
バルミューダの真髄があるような気がします。

あと、
3合までしか炊けないので、
大家族には向かないかもしれませんね。

であれば、
どんな方にお勧めなのかというと。

1回1回美味しいご飯を炊きたい。
お米そのものの美味しさを味わいたい。
卵かけご飯をこよなく愛している。

つまり、
利便性よりも、
ご飯と向き合う覚悟をもっている、
ご飯をとにかく美味しく食べたい方にこそ、
お勧めしたい炊飯器かなと。





ただ、
その炊きあがりはもう、
感動の美味しさ、
というより私は、
うーんとしみじみ唸ってしまう美味しさかなと感じました。

一粒一粒が独立して、
一粒一粒が際立っていて、
一粒一粒が美味しさを主張してくる。

パさっとしているわけではないのに、
一粒がやけに際立つんです。

美味しいお米を、
さらに美味しく炊いてくれる炊飯器。

詳しくはサイトを確認していただければと思いますが、
一粒が際立つ秘密はきっと、
蒸気の力で炊き上げているからなのかなと。





一粒が際立っているので、
卵かけごはんはもう、
最高に文句なく美味しくいただけます!

あと、
上の写真の通りカレーやチャーハンもお勧め。

おむすびだって、
得意です。
塩むすびなんかもう、
最高のふんわり具合で握れます!

品種ごとで炊き比べもしてみましたが、
コシヒカリは文句なく美味しい。
でも、
ササニシキ系のさっぱりしたお米は、
さっぱりしすぎる感があるので、
これは好みにもよると思いますが、
低アミロース系のミルキークイーンやゆめぴりかなど、
もっちしたタイプのお米が相性良さそうです。





玄米も簡単に炊けます!

我が家は玄米は圧力鍋派で、
もっちり炊き上げあるのが好みなのですが、
バルミューダで炊いた玄米は、
やっぱり一粒一粒がしっかり独立した感じで、
上手に炊いてくれます。

玄米好きにこそお勧めしたい玄米感。
逆に、
初心者の方にはもしかしたら、
玄米特有の一皮感が気になるかもしれません。

玄米は、
コシヒカリではなく、
それこそもっちりした食感のミルキークイーンが良さそうです!





黒米や赤米などの古代米を炊いても、
ばっちりでした!

白米1合に古代米大さじ1杯程度を混ぜてみましたが、
べちゃっとならず、
すっきり炊き上げてくれます。

いやー、
炊飯器って便利!
そして美味しい!!

その時の用途や好みで、
お鍋や圧力鍋、
そして炊飯器で炊く楽しみが広がるのは、
お米を主食としている日本人にこそ、
ぜひ楽しんでいただきたいなと思いました。

そう!
お米の品種だけでなく、
炊き方までその日の気分で変えてみる。
こんな贅沢な事ってないですよね。

ただお米を作って売るだけでなく、
そういう事も含めて、
お米の美味しさ・楽しさをもっと伝えていけたらなと思った、
BALMUDA The Gohanでした!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。


●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月・9月のお休み | トップ | テデトール体験していただき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農家の食卓」カテゴリの最新記事