つれづれなるままに
恐れ多くも、兼好法師のような文才はありませんが、日常の出来事を「ブログ」に表現できれば幸いです。’05.01.27.大安
 



注目のフランス大統領選は、5月7日、マクロン氏(前経済相)とルペン氏(極右政党・国民戦線党首)の決戦投票となった。

従来は、候補者は閣僚や首相を務め、経験を重ねた政党の中から生まれてきた。

しかし、今回は、政党を破壊し、有権者の投票で候補者を事前に決める『予備選』を右派も左派も導入した。

従来の関心事だった『失業』に代わって『テロ』が最重要テーマに浮上した。

敗北したフィヨン氏(元首相)は、マクロン氏支持を、メランション氏(元共同党首)は、「支持者はみずからの判断で投票」を呼びかけた。

決選投票では、マクロン氏有利の観測が広がり、為替相場は、非常時の円買いから、ユーロ・ドルへシフトされ、円安に進んでいる。

トランプ大統領、テリーザ・メイ首相(英)の誕生で、一国主義思想やポピュリズムの広がりが懸念せれる中、EU諸国は勿論、日本はじめアジア諸国も安堵した。

本日の東京市場も堅調に推移するとみられる。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ◆逆行するトラ... ◆トランプ大統... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。