つれづれなるままに
恐れ多くも、兼好法師のような文才はありませんが、日常の出来事を「ブログ」に表現できれば幸いです。’05.01.27.大安
 



今年の仏大統領選は、1958年からの仏第5共和制で前例のない選挙となった。一つは、大規模テロの影響を受けて非常事態宣言下で実施されること。従来の関心事だった『失業』に代わって『テロ』が最重要テーマに浮上した。もう一つは、有権者の投票で候補者を事前に決める『予備選』を右派も左派も導入したこと。政治家の意識や大統領候補のあり方が根本的に変った。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




EPAが政策立案の根拠の一つとしてきた、温室効果ガスが温暖化を招き、対策のために将来的な社会的費用が増すとする考え方も見直す方針。トランプ氏が公約に掲げてきた「化石燃料産業を守り、経済成長しながら環境も守る」という路線に切り替える。ただ、政策が撤廃されれば、昨年11月に発効したパリ協定で米国が公約に掲げた「2025年までに05年比で26~28%削減」の目標達成の見通しは立たなくなる。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




首脳外交は信頼関係をもとに一気呵成(物事を一気に成し遂げる)の合意が望める反面、自らへの批判に跳ね返りかねない「もろ刃の剣」でもある。各国の首脳は、なりふり構わぬ「トランプ流」に振り回されている。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トランプ氏が11日の会見で「中国や日本、メキシコなどと貿易不均衡に陥っている」と指摘した後、為替市場ではドル安が進行。翌日(12日)の市場で、ドル/円(JPY=)は約1カ月ぶりに114円を割り、その後も円高・株安が続いている。「市場では、理論的なドル高要因よりも、保護主義的な政策への警戒感が勝ったためだ。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




電気機器量販店に出掛けて驚いた。フイルムカメラを駆逐したデジタルカメラが店頭から姿を消そうとしている。4K・8Kテレビ放送が始まれば、テレビの形体も変わり、大型化、薄型の壁掛けタイプが普及し、部屋のコーディネートも変わる。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ