はまちゃんのやまある記

山行や旅行画像をおもにアップしています

大雪の英彦山滝巡り

2018-02-18 22:11:21 | 登山

2018年2月12火)

2月6日に次いで、平野部にも積雪した12日に大雪の英彦山滝巡りをしました。

平野部の道路がこんなに積雪した日に英彦山へ出掛けるのは、今年は2回目の経験でした。

直方市辺りから道路積雪が多くなり、早々とタイヤチエーン装着を余儀なくされた。

英彦山に近づくにつれ、ますます雪深くなり、一日中小雪が舞い続けていた。

山は想像以上の深雪で、四王寺の滝以外は踏み跡はなく、膝から太ももまで雪にはまり込みながら、

一歩一歩、深雪と奮闘しながらやっとの思いで滝巡りをすることができました。

深雪に散々苦労した滝巡りだけに、感動は格別でした。

積雪、道路凍結のさなか雪山に出掛けるのはと、家族には散々苦言されますが、

この冬のように厳しい寒さが続かない限り、氷結の滝は見られないと言い訳しています。

田川市の香春岳はアルプスの雪山を見るように真っ白でした。

踏み跡のない雪深い急斜面を一歩一歩慎重に登ります

四王寺の滝氷結(この滝は沢山の見物者が訪れ踏み跡があります)

山頂近くの、W-3の滝

大雪に埋まった氷柱の、W-1の滝

雪をたっぷり被った樹氷と氷柱の共作(W-2の滝)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

英彦山青い氷瀑の滝

2018-02-08 21:47:25 | 遠征登山

2018年2月6日(火)曇りと雪

この冬は、記録的な大雪が東北地方を襲った様子が報道され痛々しく思う日々です。

更に、日本列島がすっぽり冷蔵庫に入っているような厳しい寒さが続いている毎日です。

そんな寒さの中、夜中から降り続いた雪が平地でも積もった日の朝出掛けた。

積雪、道路凍結に出勤時間も重なり交通機関の乱れなどで主要道路は大渋滞でした。

遠賀を出て間もなく、タイヤチエーンを装着、のろのろ運転で約2時間遅れて登山口に着いた。

英彦山に入ると雪も半端ではない。膝上まで埋まる雪をかき分け、四苦八苦しながら、

ブルーの氷結の滝を見たさ遇いたさの一念で目指しました。

見た瞬間、思わず「わぁ~」と声が飛び出し、やっぱり苦労して来てよかったと思いました。

四王寺の滝の氷瀑

智室川の滝の氷柱

四王寺の滝青色の氷瀑

雪も深かった

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

英彦山氷瀑の滝巡り

2018-01-18 11:07:42 | 登山

018年1月14日(日) くもり

1月半ばに、何年ぶりかに最強、最大の寒波が襲って、毎日最低気温を更新していた。

これなら英彦山の滝も完全に氷結して、ツララも成長しているはずと万を期して出掛けました。

英彦山は、9日の夜から降り続いた雪でかなりの積雪。

英彦山の入り口、シャクナゲ荘手前で早々とチエーン装着。

この日は、雪山目当ての登山者が多かったので、麓の登山口から取りついた。

殆ど、踏み跡のない雪を踏んでの滝巡りだったので、雪に戯れ悪戦苦闘しながら、

英彦山の完全氷結した5ケ所の滝巡りをしました。

1.標高約650m:氷結した智室川の滝

2.標高約825mの行者の滝

3.標高約1050mのWの滝(通称)氷柱

4.標高約1010mにあり、今や大ブレークの四王寺の滝

5.四王寺の滝の横にある、無名滝

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2018-01-05 14:56:53 | 登山

2018年 お正月

明けまして おめでとうございます。

年をとると月日の流れがどんどん速くなり、年の入れ替わりが実に素早い。

平成に入り主役は中高年に代わった。そう言う己も今年はとうとう喜寿を迎える。

老いることは避けられないが、老いの生き方は人それぞれ・・・・

今年も健康で体力に応じた山登りが続けられたらと願っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

元旦 湯川山から「初日の出」は、分厚い雲のなかで見らなかった。

正月2日 成田神社から見た日の出

正月3日 三里松原日の出前に後ろの波津海岸上に満月!

正月4日 岡垣町塚原の田んぼ道から見た日の出

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

英彦山の樹氷

2017-12-07 22:01:06 | 登山

2017年12月5日(火) 英彦山は雪…添田町天気予報は「最低気温4℃/最高気温6℃降水確率50%」

この冬一番の寒気が5日の早朝から襲ってくるという。

平地は雨でも山間部では雪が積もるとの予報で、英彦山へ出掛けることにした。

平地は曇りだったが、山麓の集落に入ると雪に変わり800mの豊前坊に上がる途中でタイヤチエーンが必要になった。

登山基地の豊前坊駐車場は早朝からの積雪が着いたころは約10cmくらいあった。

登山開始頃も激しい粉雪が舞い続け、どんどん積もって視界は悪かったが樹氷に見惚れながら登った。

新雪をザク.ザク踏みトレースをつけて進むのは実に気持ちの良いものでした。

天気予報から青空は考えてもなかったけど、下山途中には青空が覗き始めとてもラッキーでした。

英彦山の初冠雪は11月24日で、昨年よりも21日早く今日で2回目の降雪となる。

この冬は雪景色の英彦山を早々と楽しむことができた。

               高住神社

 

                 北岳の肩

           九州自然歩道にある大岩

              樹    氷

   高巣原スキー場上の野鳥観察の東屋

                  スキー場

 

樹氷

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加