あなたが笑顔になりますように

大切な人がいます。その人への思いを綴るページです

祈り花

2016-06-29 07:49:55 | 日記
どうして涙があふれるんだろう

こんなにも好きなのに
離れている時間が長くなり
それが当たり前のように思えるようになった
触れたいと思っても触れれない
会いたいと思っても会えない。
時間だけが無情に過ぎていく中
あなたは何を思っているのでしょう?

どんな思いで一夜を明かしたのでしょう?

わたしは、過去を思いそして、昨日の出来事を思い
あなたの言葉で閉じてしまった感情の蓋をずらしてしまい
恐怖におびえる自分を見てしまった。

携帯を鳴らして声を聴きたいと思うけれども
耳に携帯をあてる勇気さえ今はない。
かなしいね。。。

どうしてあなたなの?ってあなたは思うかもしれない。
僕が傷ついたんだよって

あなたの思いに報いをと思って無条件の愛を注いできた時間
すべてを犠牲にしてでもあなたの心を取り戻そうと費やした。
だけど、振り向いてもらえなかった。
ぶつかるたびに言われた言葉はいつも
『あいつのもとへ行けよ』『どうせあいつのところへ行くんだろ?』
『なんであいつなんだ』
そのたびに心が張り裂けそうになった。
その気持ちをひたすら隠して、そんなことないよってあなたを追い求めた。

あなたはきっと今の私より、前の私が好きなんでしょうね・・・

全部を犠牲にしてまであなたに尽くした過去の私。

かなしいね・・・

過去は何も何も変わらない。
その思いに寄り添っても、何も変わらない。
どんなに寄り添っても、過去は消えない。
これからの二人の時間を過去の過ちを繰り返さないためにどのように生きていけばいいかを
思案し、模索していくことのほうがずっと大切だと思う。
過去があるから今があり
過去があるから未来がある。
過去があるから・・・だけど、いつまでもそれに心をとらえられてしまっていては見落としてしまう
失ってしまうこともたくさんある。

いつでも、あなたのことを気遣っています。
今は、あなたの声を聴くことができないけれども
あなたは私の心をそれでも愛してくれますか?
すごくすごく愛しているからこそ
その先へ行くことができない恐怖
あなたはわたしを愛してくれますか?
また、割れてしまう。。。
粉々に割れてしまう。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想い

2016-06-29 05:59:48 | 日記
僕といて幸せ?
僕のなにがいいわけ?
あなたなら、すぐに他の人を見つけられるのに


わたしの答えはいつもシンプル

あなたが ただ 好きだから

それ以外でもそれ以下でもない
だから、わたしの想いはいつも変わらない
好きだから あなたを想う。
好きだから あなたの笑顔が見たくて
いろいろしちゃう。

あなたは、言う、優しいよね と、
怒りや不安は何にも生み出さない
すべてを受け入れて
わたしはあなたを愛し、支え、そして
あなたを癒したい

それがわたしの愛

嫉妬に狂うなんて、お子様すぎて嫌い
嫉妬よりも、わたししかできないなにかを
わたしは探して実行するの

あなたはわたしの何処が好きですか?
もう、嫌いになりましたか?
もう、イヤになりましたか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高速道路

2016-06-28 23:29:47 | 日記
あなたとぶつかるたびに
高速道路で うしろから、追突されて
車ごと粉々になって
死んでしまいたいと思った

わたしが消えたら
あなたの苦しみも
いつか風化すると思っていたから

だから、時速 120
130
140なんて 普通に出せた
叶わぬ想い
届かぬ想い
大雨洪水

命なんか欲しくない
欲しいのはあなたの心だったから

今は、もう、あんな想いはしたくない

生きていてごめんなさい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの場所で

2016-06-28 21:47:19 | 日記
何度も通い詰めた
あの駐車場
人気のない夜
あなたの車を目にして
手を這わせた

ただ 会いたくて

何度もぶつかるたびに
あなたがいる会社へ向かった
たとえ会えなくてもいい
たとえ声が聞けなくてもいい
あなたがいる場所の近くで
その想いに寄り添いたかったから

過去の想いなんて書くつもりなんてなかった
書いたところで何が変わるの?
何にも変わらない
あなたの傷もわたしの傷も消えない
そんなことより
もっと大切なことがあると思う。
過去に縛られて生きても何も生まれない
増えるのは なぜ?ばかり
悲しみも苦しみも増えるばかり

思い出す
わたしの左手についた傷跡
ただの傷なんかじゃない
この傷はあなたの心を傷つけた代償に わたしが
傷つけた痕。苦笑
見るたびに思い出す。
あなたの苦しみと悲しみ。

空目線
あなたはそんなわたしの表情に不安になる。
どうして、ぼくの気持ちを君は受け止めてはくれないんだろうって。悲しくなるよね

午前10時の駐車場で
あの頃のように ただあなたに振り向いてほしいままにあなたを気遣って
戻らない時間を取り戻したいわけじゃない

だけど、今 そこに行きたい

変わらない背中の後ろ
最初の頃は僕の二、三歩後を歩いていたと言われ
そうしよと思った
あなたの理想に近づきたいと思った

懐かしいね

振り向いたときに笑うの
食事のあとに笑う無邪気な笑顔に
必然と自分を閉ざした
あなたを甘えさせてあげたくて

記憶の扉が解き放たれて
わたしをそこへ呼び寄せる
同じ痛みを繰り返したくなくて
ただ、涙だけはあの頃のまま

あなたをただ愛したい
それがわたしの愛し方だから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傷つくことが怖くて

2016-06-28 20:37:58 | 日記
好きで好きで 好きなのに
ただ好きなのに
それだけじゃだめなの?

ただ すき
たった 2文字
なのに すごく 固い思い

あなたがわたしを必要としてくれるから
わたしはあなたを支えたい
あなたがわたしを想ってくれているから
わたしはその想い以上に
愛していたい

嫉妬なんてそんなつまらないものなんていらない
自信なんかじゃない
ただ あなたを愛したいだけ

きっと、わたしの想いなんてあなたには
伝わらないかもしれない
揺るぎない想いの深さは
あなたを深く愛したい
ただそれだけ
あなたを包みたいだけなのになあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加