Travel SMAP

いつか届くことを夢見て
『拓哉、だぁ~~い好き!!』
と、叫び続けるアホなブログです♪

どうか届きますように

ずっと

2017-06-18 21:27:04 | SMAP
ずっと見てきた
ずっと拓哉を見てきた
ずっと拓哉を見ている
これからもずっと


最初は拓哉だけを見ていた
拓哉への好きが大きくなるにしたがって
拓哉の周りまで見るようになった

ずっと拓哉を見ながら
拓哉が拓哉の周りに向ける表情を見ながら
拓哉と拓哉の周りを見るようになった


乾期(乾季?)は、拓哉ファンには当たり前
それを寂しく思うこともあったけど
ちょっとくらい不満を言うこともあったけど
拓哉はファンのおもちゃじゃない
ファンとしては1年中見ていたいが
仕事のやり方は、いろいろあるだろう

自分が、いつも拓哉を見たいから
一年中仕事をしない拓哉に不満に思う気持ちを
「マネージャーが邪魔してる」という形にして
遠巻きに拓哉を批判する気はなかった

例えば拓哉がドラマの撮影期間に
どんなにそれに集中しているか
演じるのではなく、その役を生きてしまうことは
テレビを観ていてもわかるだろうし
何回か参加させていただいたエキストラで
その壮絶さはひしひしと感じた
ドラマエキストラで、拓哉を感じたことは
ほとんどなかった

世の中的には、器用な男に見えるかもしれないけど
拓哉って、とても不器用な男なんだと思う


今までの拓哉の仕事のペースを
「前任者が悪い」「拓哉が気の毒」
「拓哉は可哀想な人」と
拓哉の芸能人生を否定するかのように
「可哀想、可哀想」と言う人は
拓哉を思うようなふりをしながら
結局、自分の思い通りにならない拓哉に
文句を言っているに過ぎない
拓哉を自分のおもちゃとしか思ってないんだろう


拓哉は求められたら赴く、と答えていた
ワタシたち拓哉ファンは
拓哉が赴いた場所で作り上げた作品を
受けとればいいと思う


可哀想なのは拓哉じゃない
拓哉を可哀想に思えてしまう人こそが、可哀想なんだ

どんなに力があっても
第1線を走り続けることは大変だと思う
時代、作品、チャンス、タイミング、、、
いろんな要素が必要だろう

やみくもに、がむしゃらに
片っ端から馬車馬のように働いて
それで第1線を走り続けられるかと言ったら
そうでもないんじゃないか、と思う

熱狂的ファンだけが応援するような
一般的には目立たない役者
そんな人も、少なくないとは思うけど
「木村拓哉」を、ある意味、
ブランド化した功績だけを見ても
前任者を無能呼ばわりする人は
狭い社会でしか生きていないか
視野がせまいと思わざるを得ない


ずっと拓哉を見ながら
拓哉が拓哉の周りに向ける表情を見ながら
拓哉と拓哉の周りを見るようになって
ワタシが感じる拓哉は
可哀想な人でもないし
一部の自称拓哉ファンのようにSMAP解散させられて喜んでいるような
そんな男ではない


まぁ、拓哉をちゃんと見て
ちゃんと拓哉を愛しているか
それによって見方も変わるだろうけどね



拓哉、だぁ〜〜い好きっ!!
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SMAPで | トップ | そーゆーことか »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハルさん、こんばんは。 (きく)
2017-06-19 02:31:32
ずっと拓哉を見てきました。
これからも、ずっと待っています。
smap5人を、ずっと待っています。
smapファンが、待っていなければ、
5人が帰ってくる場所が、無くなってしまうから。
smapの悪口を言うような人には、
負けません。
気持ちはブレません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SMAP」カテゴリの最新記事