俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

バッファロー無線LANルータ「WZR-1750DHP2」はSMBv2対応しないしファームアップも予定無し、簡易NAS機能使用者は要注意

2017年07月09日 17時11分57秒 | PC関連

 マイクロソフトが秋のWindows10アップデートで、ファイルやプリンタの共有で使われるプロトコル「SMBv1」のサポートを打ち切るという話題が出たので、バッファローに「お宅の製品はSMBv2対応しますか?」とサポート窓口に問い合わせたところ、下記の回答が…

■「SMBv2」について

 お問い合わせいただいている「SMBv2」に関しまして、
 誠に恐れ入りますが、「WZR-1750DHP2」はSMBv2には
 非対応となります。
 また、大変恐縮ではございますが、
 今後ファームウェアアップデートで対応する予定も
 ない次第となっております。
 なお、今回のお客様のお問い合わせを元に、
 弊社では「Windows」の動向は注視させていただきたい
 と存じます。
 ご期待に添えず、このようなご案内となり、大変申し訳ございませんが、
 何卒、ご了承下さいます様、お願い申し上げます。

 よーするに、簡易NAS機能が使えなくなる可能性が出てきたわけで。
 我が家の場合メインのWin10マシン、サブのバカチントッシュ、そしてスマホが簡易NASにぶら下がっているので、これは本格的にSMBv2対応のNAS箱買うしかないかと。

 まあ望みが無いわけでは無い。
 情報が錯綜しているが、秋のFall Creators Updateは上書きインストールの場合、引き続きSMBv1が残る可能性を示唆する記事もググれば出てくる。 
 マイクロソフト内でもまだ方向性は定まっていないようだ。
 個人的には「上書きインストールならSMBv1が残る」可能性にかけてみようかなあとも思っている。

 最悪の事態を想定して、今現在外付けUSBハードディスクにデータ退避中。
 Win10マシンとバカチントッシュはUSBハードディスクの使い回しでナントカなるかもしれんが、スマホはなあ。

 簡易NAS機能で十分間に合ってきたわけで、最悪NAS箱買うにしても最低限の製品を選べばよさげ。
 あとは各社この問題にどの程度本気で取り組んでくれるか情報収集は当面欠かせないなあ。

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ見るのが苦痛になってきた | トップ | 何でもかんでも値段で判断し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PC関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL