俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

【NECの嫌がらせ】 謎のメーカー名「NECITSU」

2017年09月11日 02時10分47秒 | PC関連

 久しぶりにMO(光磁気ディスク)ドライブ繋いだら懐かしいメーカー名が。

 NECITSU とは NECと富士通をミックスした名前。
 その昔、NECがまだPC-98シリーズ全盛期で調子づいていた頃、さらなる囲い込みを狙ったのか、NEC純正SCSIボードに他社製(ベンダIDがNEC以外)の製品を接続すると認識を無視するという嫌がらせをしたときの名残だ。
 周辺機器メーカーの解析で、先頭3文字「NEC」だけしか見ていないことがわかり、各社がそろってベンダIDの先頭3文字を「NEC」にして回避する方法を編み出した。
 その中でも特にライバル関係にあった富士通までもが自社ベンダIDの先頭3文字を「NEC」にしたことで、NECの悪しき嫌がらせの象徴として「NECITSU」が語り継がれる結果となった。
 結果ホームユースとしてPC-9801を買ったユーザーは馬鹿高くて嫌がらせ機能を搭載したNEC純正SCSIボードを忌避してサードパーティのSCSIボードが売れたわけだが、どこにNECトラップがあるか分からないため、サードパーティ製品でもベンダIDを「NEC」を含む文字列に置換するのが当たり前と化していた。

 時代が進みSCSIはホームユースの世界から一線を退きUSBが当たり前になったのだが、富士通製のMOドライブをUSB接続したら久しぶりに見た「NECITSU」の文字列が!
 USBではこのNEC嫌がらせベンダID問題が無いはずなのだが、なぜNECITSUのままにしたんだろうか。

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【毎年恒例】24時間テレビに... | トップ | Google日本語入力こそ至高と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PC関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL