俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

オーム電機社製マイクロカットシュレッダー「SHR-RMX5C」が恐ろしく使えない代物な件

2017年06月20日 14時50分58秒 | チラシの裏

 破砕処理したい紙が600枚くらいたまっちゃったので、シュレッダーを購入。
 オーム電機社製「SHR-RMX5C」というマイクロカット(より細かい破砕)が出来るとの売りの製品だ。
 マイクロカット系は細かく破砕される分、1つのゴミ袋により多く破砕くずを詰めることが出来るのが経験的に分かっていたので迷わず購入した。

 結論から言うと「恐ろしく使えない代物」であることは間違いない。
 A4 PPC用紙なら5枚まで投入可とのことで、5枚ずつシュレッドしたのだが、ダストボックスが半分になるかならないかでオーバーヒート保護回路が作動し、40分も冷却時間をおかなくてはならない。
 せめてダストボックスいっぱいくらいで停止するならまだしも、半分くらいでオーバーヒートってどゆこと?
 そりゃマイクロカットって位だから刃が細かくて負荷が大きいのは想像つくが、5枚×3~4回の投入ごとに40分冷却とかふざけるにもほどがあるだろう。どう考えても設計の時点で放熱の問題があるようにしか思えない。

 ご家庭で1日2~3枚ちょろっと破砕するレベルなら使えないこともないが、まとめて数を破砕したいときにはてんで役に立たないゴミだ、これ。
 ハードオフ行き決定~。箱と取説、保証書はそろっているから、まあ下取り価格1500円~3000円位にはなるだろうか。

 シュレッダーに関して、オーム電気とアイリスオーヤマには要注意だな。
 やっぱ大量に破砕するには業務用シュレッダーでも買わないとダメなのかな。

『家電』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イオンゴルァ!! カミソリ... | トップ | 芳文社「まんがタイムきららM... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL