俺のチラシの裏

メモ代わりに殴り書きしたり。真に受けちゃだめよ?

自宅PCでも「あの顔マーク」を使いたい! ぽげムた記号こと「写植記号 BA-90」

2015年04月30日 22時22分50秒 | PC関連

 雑誌や漫画で見たことがないだろうか。
 このナイス笑顔、意外と読み方を知られていない。
 「写植記号BA-90」。パソコン雑誌ASCIIやLOGiN読者だった方なら「ぽげムたマーク」と言ったほうがわかりやすいだろう。

 写研がこの記号をオープンにしなかったためか、ほとんどのフォントセットに収録されず、出版の時代が写植からDTPに代わるにつれて見かけることも少なくなった。
 もともとは「顔付満月」(Full Moon with Face)を指す記号で、占星術や一部天文学の書物では満月を表す記号だったらしい。
 だが、この何とも言えないナイス笑顔が笑いを誘う表現にピッタリだったのだろう、漫画や雑誌で「(笑)」の代わりに一時多用された。

 時代が進み、現在Unicodeにも「顔付満月」が収録されているが、残念なことに、このナイス笑顔ではない。
 なんとかこのナイス笑顔の写植記号BA-90を自分のPCで使えないかググったところ、下記のサイトで配布されている「GL-アンチックplus」というフォントに収録されていることがわかった。

Gutenberg Labo - http://gutenberg.sourceforge.jp/ja/index.html

 「GL-アンチックplus」はTrueType形式(TTF)とOpenType形式(OTF)双方が公開されているため、WindowsのみならずMacやフォント周りの環境を整えたLinux等でも利用できる。

MS-IME IMEパッド

 Windows8.1 + MS-IME2012なら、IMEパッドを開き、フォントセットを「GL-アンチックPlus」に設定し、文字カテゴリ「私用領域」を選び、U+E012をダブルクリックするとたいていの場合空白か中黒に置換された文字が仮入力されるので、仮入力された文字に対して改めて「GL-アンチックPlus」を選択してやると、あなたの文書にナイス笑顔が登場する。

 使いどころが難しい記号だが、あなたの文書にこっそりひとつ忍ばせてみてはいかがだろうか。

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PNG画像を劣化なくサイズ縮小... | トップ | Windowsで気軽にPDF作成、「C... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PC関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL