らんかみち

童話から老話まで

3月4日(水)のつぶやき

2015年03月05日 | 暮らしの落とし穴
コメント

フキ味噌はゴマ油よりオリーブオイル

2015年03月04日 | 酒、食
 フキ味噌を作る工程で蕗の薹を炒めるのに、本来ならゴマ油を使うところを誤ってオリーブオイルをたらしてしまった。すぐに気付いてゴマ油に切り替えたけど、ちょっと混じってしまった。結果的に美味しかったから救われたけど、同じメーカーの瓶だからいかん。

 フキ味噌はそれ自身で美味しいけど、冷や奴に乗せてみたり肉に乗せてみたりしていて、うっかりオリーブオイルと混ざってしまった。値の張るオリーブオイルだったので、オイルが汚染されたと思ったけど、思いのほか相性が良い、というより旨い!

 オリーブオイルは香りが強いし、フキもくせのある香りなので混ぜるなんて考えもしなかったけど、嬉しい誤算。当地で人気の麦味噌じゃなく米味噌を使ったのも功を奏したかな? 次はゴマ油じゃなくオリーブオイルを使ってみるか。
コメント

3月3日(火)のつぶやき

2015年03月04日 | 暮らしの落とし穴
コメント

春は苦く始まる

2015年03月03日 | 酒、食
             

 インフルエンザが一息ついたかと思う間もなく(as soon as I thought)花粉の季節が訪れ、マスクに眼鏡という完全武装のいでたちが目立つ今日この頃、挨拶されても誰か分からんがな!

 そんな中にあって、スーパーをうろついていたら無防備な雰囲気の小娘がいた。彼女と目が合って、あ、この子知り合いだ、と気づき「こんにちは」と挨拶するや否や(as soon as I say hello)違うと判明した。ALT(assistant language teacher)の先生だったけど、そこらへんの女子高校生みたいなんだよねぇ。

 そんなわけで(for that reason)というか、なんの脈絡もないけど、花粉にもへこたれず春を先取りしようと土筆の玉子とじと、蕗の薹でふき味噌を作ってみた。年に一度くらいのことなので毎度失敗しているような気もするけど、ふき味噌を出来上がり直後に味見したら、なんとも官能的で卒倒しそうな美味しさ。

 それはともかく、英会話クラブに教わっていながら、とっさに英語で挨拶ができなかったことが悔やまれる。せめて「How is it going?」くらい言えれば良かったなと、今宵は少々ふき味噌がほろ苦い。
コメント

3月2日(月)のつぶやき

2015年03月03日 | 暮らしの落とし穴
コメント

ホッチキス抜きの日

2015年03月02日 | 暮らしの落とし穴
             

 釘、じゃないな、正しくはタッピング・スクリューというネジを鎖骨から抜いて12日経た今日、ついに抜鉤(ばっこう)を迎えた。
 もしギプスの下になる部分を切開したら糸で縫うのかも知れないけど、鎖骨の辺りを縫うのならホッチキスで十分ということだろうか。それでも12ホッチキスも止めていた。風呂に浸かれるのは明日以降だけど、酒は勝手に解禁だ!
コメント

3月1日(日)のつぶやき

2015年03月02日 | 暮らしの落とし穴
コメント

金毘羅大権現

2015年03月01日 | 暮らしの落とし穴
                  

 一年に三回だけインドの女神ガンガーと、その乗り物であるクンピラーに思いを馳せる旧暦一月十日。村の金毘羅神社というお寺にて、大般若経の転読法要という行事が行われた。

 金比羅神社というのは、インドのワニであるクンピラーが日本に来たら金毘羅大権現という姿で現れるのだそうで、これを本地垂迹(ほんちすいじゃく)というのだそうな。

 海運(もしくは海賊)で栄えた当地なので、ガンジス川に住むというワニの化身を崇めるのだろう。大なり小なり島中に金毘羅神社というのがあって、それぞれの村で独特の行事がある。

 同じくインドのダーキーニ神の駆る白狐が日本に来たらお稲荷さんになるらしく、旧暦2月の初午の日に神職がお祈りすることになっている。
 それが終わると、弘法大師ゆかりの遍路市。そうこうしているうちに、またもや大般若経転読法要……あと段原神社とか海神社とか、よその村では祇園さんとかなんとか、田舎は一年中なんかの行事をやっているんだよなぁ!
コメント

2月28日(土)のつぶやき

2015年03月01日 | 暮らしの落とし穴
コメント

大般若経によって凡人の域に

2015年02月28日 | 暮らしの落とし穴
2015大般若経転読会

 
 旧暦1月10日は大般若経の虫干し日。かつては200巻の大般若経を転読した後、箱に収納したお経を天秤棒で担いで村の全戸を回り、人々はその下をくぐったもんだ。そうすることで知恵を授かるとされてきたわけだが……御利益のほどは定かではない。いやそうじゃなく、知恵を授かったからこそ凡人の域に達することが叶ったと、おおそういうことだったのか!



コメント