は~ふたいむ

仕事帰りにカフェに寄り道して、一緒にコーヒーなど飲みながら、他愛のない話をして過ごしたい。そんな時間。

天野喜孝展

2017年06月12日 | レジャー・行事
企画展カテゴリーを作らないといけないかな~。
それくらい、今年は「〇〇展」に行っている気がします。
日曜日は、熊野の筆の里工房へ、この日が最終日の「天野喜孝展 −想像を超えた世界−」を観に行ってきました。



実は、筆の里工房自体、来るのが初めてです。
建物が思っていた場所よりもずっと奥の方にあり、伴侶と一緒に行かなかったら迷っていたかも。



中に入ると、何と撮影OK。
こういう展示では珍しいですね。
最初のコーナーは、タツノコプロのキャラクターを描いた作品が並んでいました。
この辺りは、私も伴侶も分かるエリアです。



なかなか難しいキャラクターを持ってきたな(笑)
左のセル画は、機甲創世記モスピーダの「イエロー」です。
そういえば、あれもタツノコプロだったんですね。
ストーリーは全く覚えていないのですが、オープニング曲とエンディング曲は歌えます。



小説「グイン・サーガ」の挿絵。
中学生の頃に姉が愛読していたので、私も一緒に読んでいました。
「ノスフェラスの嵐」が最後だったかな~。



小説「吸血鬼ハンターD」の挿絵。
高校生の頃だな~。友達が愛読していたので、借りて読んでいました。
「D-北海魔行」が最後だったかな~。



アルスラーン戦記は・・・アニメとゲームの印象しかないなぁ~。
「銀河英雄伝説」で田中芳樹先生にハマり、アルスラーン戦記にも手を出したのですが、途中で挫折しました(^^;



次はファイナルファンタジーのコーナー。
私の中では、この辺りのイラストが一番好きです。
天野さんの描くキャラクターが、ファイナルファンタジーというゲームの世界にピッタリというか。



しかし、私がハマったスーパーファミコン版の頃には、天野さんのイラストって、パッケージに描かれてなかったんですよね~。



たぶん、ゲームの取扱説明書とか、攻略本みたいなもので見たんだと思うんだけど。



エクスデスが、ネオ・エクスデスになった時はビビッたよな~。
・・・ごめんなさい、ついて来れてないですね(^^;



こんな大作もあり。



こんなご神体もあり。



アメコミのヒーローを描いたり。
力よりも妖術で戦いそうな雰囲気(笑)



天野さんのお仕事道具。
あの、絹糸のような繊細な線を筆で描いていたのには驚きました。



アニメのキャラクターからアート作品まで、様々な「天野ワールド」を一度に観ることができて良かったです。


(おまけ)

そろそろ巣立ちかな?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【1/2Time】洗車の時間 ~90... | トップ | 【1/2Time】はじめてのツーリ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。