銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

smooth like ~

2015-04-30 07:37:41 | 日記

暫く触ってないYAMAHA fg-140 プラス 弾けそで弾けないヴァン・ロンク版 maple leaf rag。よせばいいのに何故かスイッチが入ると取り組んでしまい、その都度イヤになるのであるが、今回は少し進展があった。ミュージックというものは切れ目なく流れている、ブレイクする箇所はあっても地下水脈が途切れることはない。千波大橋を渡る帰宅途中、そんなことを思ったのだが、一転、実際の演奏行為上のコード・チェンジってどうもギクシャクして無意識に立ち止まっちゃいねーか?右手が発弦する手前で左手はその用意を終えている必要があるが、そのためにもチェンジは流れるようになされねばならぬ。なんてこと考えてる連休の初日であった(休出でしたけどね)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまにアナログ

2015-04-29 12:19:09 | 日記

昨晩は第二皇子に付き添われてオーパ@栄町。我が家に埋もれた3枚のLPを持って。その1、ラムゼイ・ルイス「テキーラ・モッキンバード」。メロやビートはカッコいいのだが、管や弦のアレンジがてんこ盛りでちょっと聞きにくい。録音は素人耳にもダメな感じ。(2は飛ばして)その3、キース・ジャレット・アメリカン・クワルテット「宝島」。こちらCDも持ってるが、素人耳にもアナログはええのお、と思わせる流石インパルス盤。長尺曲のせいでレコードの溝がホント中心孔ちかくまで入り込んでいる。マスタに言われて初めて気が付いたのだが、そういうとこに目が行くとはやはり愛好家

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たんぱく質摂取に

2015-04-27 23:54:05 | 日記

最近の酒のつまみはひよこ豆だ。ガルバンゾっていうのか、ガルパンつながりで良いではないの。普段はインドカレーの具材として知られている、何もつけずに素で食すのもなかなかと思うがいかが

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう五月

2015-04-26 22:02:15 | 日記

カミさんと第二皇子で笠間日動美術館へ。常磐線東京乗り入れを記念して大鉄道展とな。京浜急行町屋駅付近の絵、陸橋下から斜めに見上げる構図、車両の赤とコンクリ特有の白が映える。顔見知りの学芸員クンとしばし歓談。車をちょっと駐車場に置かしてもらって笠間稲荷の鳥居周辺を散策、あと3日でこの静けさがウソになる陶炎祭(ひまつり)。季節特有の青い空、いい天気。いたたまれなくなるのは毎年(いつも)の事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~よな気がする

2015-04-23 18:57:56 | 日記

暫く放っておいた peacherine rag から、未着手の §3 を。全然違う事してた時にふと、あ、あれ弾けるよな気がする!と思い立ち、早速トライしてみた次第。ま、思った程に行かねえだども、芯の部分が見え隠れする。TAB譜頼みとは言え、以前よか飲み込みはよくなったようだし、いいにすっか。CD「Climax Rag」には Ragtime が14曲収められているが、この曲がいちばん好き

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うんうん

2015-04-22 12:30:11 | 日記

先日英国のギタリスト、ジョン・レンボーン氏の急逝が伝わり、NHK-FM「ウィークエンド・サンシャイン」でも追悼特集が組まれた。ただDJのP・バラカン氏の熱がもちょっと欲しかったなあ、と私の感想。以前、同番組で my dear boy をリクエストして掛けてもらった事があるのだが、あの時はずいぶん嬉々としていたような記憶が (-_-;) 。でも番組中で喋っていた通り、彼は(よく並び語られる)バート・ヤンシュ氏の方が好きであり、何を隠そう私もそうなので、その姿勢は頷けるのであった。とわ言うても my dear boy と Luke's little summer の2曲くらいはこれからも弾き継いでいこう、とこころに誓うのであった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタイルが大事である件について

2015-04-19 06:55:18 | 日記

思うにラグタイム・ギターのスタイルが指に(右手に)よかったのだと思う。in 2 のベースパターンにシンコペートしたメロが絡むと(ベースとメロを)同時に弾く箇所と互い違いになる箇所が生まれ、指それぞれの独立性が自然に育つ仕組みらしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夜なべ」ピッキング

2015-04-18 12:41:43 | 日記

フィンガーピッキングをするアマチュア共通の悩みは音量、ちゃんと聞こえてるのかなあって誰もが思ってる。一方、プロの右手はそれぞれ個性的であるにしても、ひたすら美しい動きをなさる。彼我の差、いかばかりか。うちらの演奏した little martha が you tube に上がった時、自分のバタバタする右手は太ったボディよかよっぽど恥ずかしかったもんね。以来、時折チェックなどもしてきたけど、この頃は少しみられるようになったぞ(当社比)。針で手縫いするよなアクションだから、名付けて「夜なべ」ピッキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テンション

2015-04-10 00:47:24 | 日記

右手の指が弦をよく捉える様になると、弦の振動もより伝わってくる。そんな訳で、2弦のテンション(張り)が強いのを今更ながら感じた。オタルナイ・チューニングは通常 b(h) であるところを半音上げて c にしているのだ。すこし注意を払ってみよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春ですね

2015-04-09 12:23:15 | 日記

浜田隆史 / ラグタイム・ギター・ソロ集 「クライマックス・ラグ」 所収全14曲のうち、7曲の譜読みが終わった(まあ、大体ね)。内訳はジョプリン3、スコット3、マーシャル1、さして弾けないのにカッコ良さにしびれ、スコットは全部舐めてみました。他も佳曲揃いだが上手くなってから取り掛かりたいのもあるし、これから同じ7曲で2順目に入る予定。1順目は楽曲や特殊なチューニングのリサーチが主体だったが、今度はちゃんと習得する積り(ほんとか)。この頃 YAMAHA fg-75 もラグタイム風に鳴ってる気がするのだが、右手の指が弦を以前よりしっかり捉えてる様だし、左手もフレット付近を押さえる習慣が付いてきた。セーハも指先と元を使い分けたり、と半年いろいろ得るものが多かったが、その大元であるこの楽譜集に改めて感謝です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新譜情報~

2015-04-06 12:25:37 | 日記

 Contemporary Ragtime Guitar (1973)       SGGW121

遂に買ってしまった。Dave Van Ronk's version of St.Louis Tickle became a landmark instrumental for guitarists to learn and master. とCD版ライナーノートで Stefan Grossman 主催が述べておられますが、そのレコードの発売は1963年、以後ギタリストたちは世に出る機会を虎視眈々と狙っておりましたが、1971年デイヴ・レイブマン&エリック・ショーンバーグ・コンビが New Ragtime Guitar を遂に発表、そしてお二人を始めとする総勢8人のギタリストによるラグタイム・ギター集が満を持してリリースされたのでありました。タイトルに‘コンテンポラリー’を冠して題材もアレンジも様々という万華鏡になっております。実は収録された Dill Pickle Rag の譜が手許にあり、その演奏が聴きたくて手に入れたのである、課題がまた増えた

 http://blog.goo.ne.jp/halcyon1772/e/739073afce6642c1b6b6ad86312ad3d5

http://blog.goo.ne.jp/halcyon1772/e/2b0cb99e1f3068732669b4c4577684a1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飲食情報

2015-04-03 07:13:41 | 日記

やってないだろうと思いつつ前を通リ掛かると暖簾が出てる!昼飯はここで決まり。水戸芸術館の前の通りを挟んで反対側にある天丼屋さん「立花屋」。ご当地のカレーやらラーメンやら洋食やら1店ずつベストを挙げるとして天丼はかなりピンポイントですが、地域一番と言える美味しさ。油がよくて上品な味、昭和的佇まいも外せない、お値段も手ごろです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

買ってよかった

2015-04-01 12:42:30 | 日記

新車にはナビが搭載されてるがそちらはほとんど使われることなく、一方使用頻度が高いCDプレーヤである。前車はカセットだったからな。最初はライブラリの下っ端を恐る恐る掛けていたが、この頃はお宝級もどんどん持ち出して聞いている。クルマで聴くのがベストな理由が、家のステレオだとついつい手が酒とマンガに行ってしまうからだ、というのはちょっとどうかと思う。今日はあの new ragtime guitar (1971) をお供に連れてきたが、レイブマンさんとシェーンバーグさんがどういう風にパートを分けているか初めて判った!いやはや

コメント
この記事をはてなブックマークに追加