銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

古書の愉しみ

2016-12-20 12:33:09 | 日記
益子の古本屋を訪れたとて、何も買わないで帰るわけにもいかぬ。哲学書やらグラフィックやら知ったかぶりして眺めて、さーてSFがない!困った。小説、随筆のコーナー(と表示があるわけではないが)に司馬遼太郎さんの「街道をゆく」という本があったので、それを買ってきた。昨日開いてみたら、本の発行年と同じ、昭和46年のキップが出てきた。硬券である。前の持ち主が栞(しおり)に使っていたわけだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流れってことで | トップ | 立派なシロモノ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事