銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

ヴァイオリン鑑賞の日

2017-06-13 12:42:23 | 日記
 Due Luce バロック・ヴァイオリン・デュオリサイタル vol.7      2017.6.11(日)    大谷石蔵 悠日カフェ

    オーベール ; 2つのヴァイオリンのための組曲第3番 ニ長調 op.15-3
    ルクレール ; 2つのヴァイオリンのためのソナタ ニ長調 op.3-6
    テレマン  ; 2つのヴァイオリンのためのカノンソナタ ト長調 TWV40:118
    コレッリ  ; ラ・フォリア ニ短調 op.5-12 (Due Luceによる編曲)

曲目を記すだけでこの労苦であるが、今年も宇都宮詣でをして参りました。ボリュームセヴンというだけで驚いてしまうが。トリにまします大有名曲は、ぢつはボリュームツーの再演である。だいぶ手間暇かけていじったみたいで、見違えるように変貌していたが、初演を単に私が忘れてるだけかも知れない。個人的にはあんまり褒めてない感想を寄せたが、どうしてどうしてテクニックなど光る部分がありありである。ジャンルがジャンルだけに対象曲も少なく、確かに渋いプログラムなのだが、年一で(確か)いつも同じステージでやってるので、観てみっかという方は次回是非です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実質主義 | トップ | ライナーノーツマンの死 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遠路はるばる... (KANOKO)
2017-06-13 16:34:23
ありがとうございました!
いえいえ、こちらこそ (愛宕町私設ライブラリ)
2017-06-14 23:27:07
演奏回を間違えて表記してしまい、すいませんでした。
昨日のアクセスは結構あったんで(100は無いけど)、ちょっと心配です。
折角なので、もう少し書くことにします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む