銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

鹿児島・宮崎旅行③

2017-06-22 12:38:21 | 日記
話はちょっと後戻りするが、我々はJR線を走る三両連結のディーゼル特急「指宿のたまて箱5号」で15:00に指宿入り。チェックインまで2時間はタクシーで地元観光だ。つくづくお任せ旅行ですね。しかし地熱発電所2基を含む大温泉地、さつまいも発祥の地、全部で2000銘柄もあるという芋焼酎の醸造所群、本州最南端の駅、浦島伝説、と何とも豊かな観光資源。観るも語るも尽きません。その極め付けがこれ、開聞岳(かいもんだけ)。薩摩富士とも称される美しい山影が陸をバックにも海をバックにも眺められるという、すばらしい景観でした。でもこの山はずっと悲劇を見てきたのですね(後述)。タクシーの運ちゃんから撮らんの?と急かされない限りシャッターも押さない不良観光者だが、しぶしぶ撮ってきたのを貼ります。結構よく撮れたけど、実物はこんなもんじゃあない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふたりのジョン | トップ | インターミッション、何度目かの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む