HALクリニックの診察室から

Human Active Life…新潟で心臓血管外科のクリニックを開設した医師のひとりごと

どこへ行くのか?… 最後の力を絞って…

2016-11-20 09:21:57 | 日記
 宮崎駿監督の引退発表後を追った特集です。
いろいろな見方と意見がネットでも見られますが…



NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586742/

 宮崎駿監督の引退宣言後、ジブリが長編アニメ制作を休止し、
その後も作品を作り続けていて、手書きで作れないため
今までのこだわりを捨ててCGを使うものの思うようにできず…

感じたことは
「CGよりも宮崎駿の手書きは凄い!」
「老いても、なお、作品作りの行く先は?」

宮崎駿監督の大ファンですが、全ての作品を手放しで
賞賛しているわけではありません。
個人的に好きな作品は、若い時代のジブリ以前からジブリ初期の
「未来少年コナン」「カリオストロの城」「ナウシカ」
「ラピュタ」「魔女宅」
の5作品です。
http://blog.goo.ne.jp/halclinic/e/91078a10bb1ea3c8ce81d28d8d918f81



迷いがなく、登場するキャラクターたちがイキイキと動き回って
エンターテイメントとしてどのカットも完璧です。
有名になり作り続けるたびに新しさを求めてバランスが崩れて
いきました。それもある程度までは楽しめる部分もありますが、
「ポニョ」は観ていて辛くなり、最後の長編「風立ちぬ」は
未だに封印したままです… 
http://blog.goo.ne.jp/halclinic/e/2dbefebfbf17bdcedaa1a17ccc450b9c


75歳で体の老いを感じながら製作に打ち込む姿は、痛々しくもあり、
応援したくもあり、複雑な気持ちで見ていました。

CGでイメージ通りに作品が出来上がらなかったものの、番組の最後で
新しい長編アニメ制作の企画を出してエンディングになりました。
さて、本当に新作長編アニメが出来上がるのか、どのような作品になるのか、
そして老いた宮崎駿監督はどこへいくのか…
また、目が離せません 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラタンって、熱々が美味し... | トップ | 固くて歯応えがあるのが好き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。