HALクリニックの診察室から

Human Active Life…新潟で心臓血管外科のクリニックを開設した医師のひとりごと

和紙の透光性を利用した文字盤ですか… ^_^

2017-05-16 14:41:09 | 健康
 日本らしいプロダクトを作ることが世界から認められるためには
必要ですが、どのようなアプローチをするかななかなか難しいです。
今回は、日本の手漉き和紙を時計の文字盤に使うというアイデアが…




「ザ・シチズン 手漉き和紙を文字板」
http://www.citizen.co.jp/release/news/2017/20170412.html

たんに奇をてらったわけではなく、文字版を透して
光を取り込んで駆動エネルギーにするので、障子のように
光を透す和紙はメカニズムとしても理にかなっています。
さらに手漉き和紙の美しさがどのくらい時計の中で
現れているのかは現物を見ないと判断できませんが、
日本らしい時計になったようです 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タケノコと身欠きニシンは相... | トップ | 小さくても丸まると太ってき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。