HALクリニックの診察室から

Human Active Life…新潟で心臓血管外科のクリニックを開設した医師のひとりごと

クリニックでも新しい医療に対応を迫られる時代に…

2017-07-12 14:32:01 | クリニック
 医療がドンドン進むと、クリニックでも新しい医療に
対応することが必要になってきます。
循環系の薬も新しいものがいろいろありますが、
クリニックでは使わないものも、病院で導入された患者さんを
継続してみる場合には、われわれクリニック医師も
新しい薬を使うことが必要になります。




「バソプレシンV2-受容体拮抗剤」

心臓病の治療をしていると、心不全に対して「利尿剤」を
使うことはめずらしいことではありません。
でも、通常の利尿剤では十分な効果が得られない重症の場合は…


「バソプレシンV2-受容体拮抗剤」は強力な利尿作用がありますが、
その作用の強さゆえに急激な水利尿から脱水症状や高ナトリウム
血症を来し、意識障に至った症例が報告されたりと、
さじ加減が難しい薬です。
外来ではなく、入院して注意深く様子をみながらの投薬が
必要であり、われわれのような外来だけのクリニックでは
使うことはありません。
でも、入院中に導入されて退院となれば、外来診療でも
注意深く診察や検査をする必要があります。

最近は重症な患者さんを病院と連携しながら診察していくことが
増えたので、ますます大変だと実感してます 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑くてビールが飲みたいとき... | トップ | 食欲がないときに青椒肉絲は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クリニック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。