HALクリニックの診察室から

Human Active Life…新潟で心臓血管外科のクリニックを開設した医師のひとりごと

棺の蓋が閉まった後の評価… 

2017-04-25 18:27:57 | 日記
 芸術家は整然は全く評価されずに貧乏にあえいで、
死後にとんでもなく評価があがった人が少なくありません。
ゴッホも現在の枝の評価額を見て、雲の上で目を丸くしているのでは?

今日4月25日は尾崎豊の命日…



個人的には、生前に彼の音楽を聴いたことはなく、
「若者のカリスマ」と知っていたくらいです。
死後に追悼番組等で彼の歌詞と歌声を聴いて
圧倒されました 




彼の創作ノートも読んでみて、魂の叫びの深さを
知りました…
棺の蓋が閉まった後で。


思えば、一開業医となり、手術や論文などで評価を残す
こととは無縁になり、毎日の診療に追われています。
僕の棺の蓋が閉まった時の評価はないの残らないと思いますが、
患者さんが「診てもらってよかった!」と思っていただけるなら
開業医として最高の評価だと思います 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新緑のようなスープは… ^_^ | トップ | ひさしぶりの焼き団子 ^_^ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。